Web magazine for smart 40's

TOP > NEWS
WATCH

未公開資料や貴重なインタビューで振り返る、パテック フィリップの足跡。

2016.11.13
2016.11.13

公式バイオグラフィ『パテック フィリップ正史』が刊行!

無数のコンテンツが広がるオンラインから得られる情報の質は実にさまざま。特に時計のように、より正確な事実関係が求められるジャンルの場合、調べきれないことが山ほどあります。それは書籍でも同じことが言え、信憑性の高い資料となるとかなり限られます。

PATEK PHILIPPE(パテック フィリップ)からこの度刊行された公式バイオグラフィ『パテック フィリップ正史』は、1839年から続く同社の発展の歴史を紐解いた書籍です。

著者は、『パテック フィリップ インターナショナルマガジン』の特別顧問であり、また『カントリーライフ マガジン』、『ヴァニティフェア』、『GQ』などにも寄稿するニコラス・フォークス氏。

40ページの付録を含む544pにも及ぶ本書は、多くの未公開資料などを交え、創業者アントワーヌ・ノルベール・ド・パテックの若かりし日から、類いまれなる才能に恵まれた時計師ジャン・アドリアン・フィリップとの出会い、そしてスターン家4世代にわたる今日までの足跡を振り返ります。

さらには、初代「Nautilus(ノーチラス)」をデザインした故ジェラルド・ジェンタ氏の未亡人へのインタビューや、2015年にロンドンで開催された「Grand Exhibition」のためにエリザベス女王2世から貸与された時計の掲載など、ここだけの貴重なコンテンツが目白押し。

「今回の出版を心より嬉しく思っております。長い間、社のアーカイブに保存されてきた多くの資料や歴史的画像が、この伝記本に命を吹き込み、また真実を与えることに活用されています。ニコラス・フォークス氏は我々の175年以上にわたる道のりを細部に至るまで完全に描き切っている、と言えるでしょう」とパテック フィリップ現名誉会長のフィリップ スターン氏は語ります。

この英語版は、現在パテック フィリップのホームページで注文が可能。2016年12月からは、パテック フィリップ・ミュージアム(ジュネーブ)、ジュネーブ、ロンドン、パリのパテック フィリップ・サロンに並びます。2018年には、日本語を含む、その他の言語版が刊行される予定なので乞うご期待!

Text: FORZA STYLE

ニコラス・フォークス著『パテック フィリップ正史』 220スイスフラン ※別途で20スイスフランの送料がかかります

【問い合わせ】
パテック フィリップ ジャパン・インフォメーションセンター
03-3255-8109
http://www.patek.com/jp

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 【PR】今こそ乗るべきBMW”6のクーペ"、その理由 2016.11.8 update
  • 【PR】編集長・干場義雅が提案 オンでもオフでも圧倒的に使える! 「着まわしコート」18のスタイル 2016.10.25 update
  • 【PR】FOREVERMARK × FORZASTYLE ダイヤモンドは永遠の輝き 2016.10.18 update
  • 【PR】モテたい・老けたくない・ハゲたくない40's必見! アンファー×FORZA「アンチエイジングの旅」 2016.6.13 update

SELLECT 10

ランキング

HOT TOPICS

SNAP