Web magazine for smart 40's

TOP > COLUMN
FASHION

ロックスターの告白
INORAN 「情熱を大切に。45歳、仕事の流儀」

2016.8.21
Page 1/2
2016.8.21

〜音楽は息みたいなもの。その中に夢と情熱を見いだせている限りずっと続けていきたいんです〜

90年代に巻き起こったヴィジュアル系バンドブームの代表格LUNA SEA。サウンドではもちろん独特のファッションやヘアスタイルで当時の若者の心を鷲掴みにし、トップチャートを席巻した伝説のバンドだ。

今回インタビューを敢行したのは、LUNA SEAのギタリストであり来年ソロ活動20周年という節目を迎えるINORAN(イノラン)。45歳、FORZA世代ながらも当時と変わらない若々しい体型を維持し、音楽活動に情熱を傾けるINORANに、学ぶことはきっと多いはずだ。

INORAN氏が大切にするファッションと仕事の流儀を問い、語りつくしてもらった。

makiko: 私ことながら、中学生の頃からファンでした!LUNA SEAでデビューされてからソロ活動を経て、現在、変化したことはありますか。

INORAN: 1992年にデビューしてから今まで、ものすごくたくさんの経験をしてきて、それによって随分成長してますね。30代のときは世の中を知った風になってて、知った顔で色々語っちゃってった時期もあったし(笑)。でも今はそうじゃなくて、さらに広い世界があるんだなって感じてるんです。変化しつつ転がりながらようやく今に来てる感じ。大人になったのかな。

makiko: 来年はソロ活動20周年ですよね。アルバム「Thank you」聴かせていただきました。とっても素敵なタイトル! それにしても20年とは、一言で言えない重みのある時間です。

INORAN: そうですね。気が付けば20年経ちますね。節目であり。今作は記念のアルバムですけど、まぁ流れに身を任せて、ここまでやってきた。今まで11枚のアルバムを作ることが出来たし、だから「もうすぐ20周年だからこうしなきゃ!」という気負いはそんなになかった。今までの流れを継承する感じですね。タイトルに関しては、作る前から「このタイトルが良いな」って思ってて、それは自然な感情というか今の僕の気持ちかな。自分でもいいタイトルだと思いますね(笑)。

makiko: INORANさんが大事にしている「仕事の流儀」や、スタイルはありますか。

INORAN: 僕の場合、音楽という仕事をしているからちょっと特殊かもしれない。でもやっぱり僕が大事にしているのは「夢と情熱を持って生きていく」っていうことですね。その中に仕事が含まれて存在しているわけです。自分の生活スタイルとか、生き甲斐だったりとか、それを忘れない人間であった方がいいんじゃないかなとも思う。僕がこの活動で出会った人の中で、成功してる人や充実感が顔に出てる人は「夢と情熱」は必ず持っていましたね。

makiko: いまのINORANさんにとっての夢とは何ですか。

INORAN: いまのぼくの夢は、「たくさんの人に僕の作った音楽を聴いて欲しい」ということです。自分が作った曲が聴いてくれる人の隣に寄り添っていて欲しいというか。あとは「ずっと音楽と生きていきたい」ってこと。幸せな事に僕は今のところ、ずっと好きな事をして生きてこられているんです。

好きを仕事にすると、当然、嫌いな事、やりたくない事、苦手な事があるけど、それらと比べたときに好きの方が勝ってるかな。嫌いが勝ったら辞めちゃうと思います。

makiko: 音楽に対する生みの苦しみとか、曲が出てこなくて辛いみたいなことはないのでしょうか。

INORAN: 出てこないということはほぼないです。僕にとって音楽って息みたいなもんで、趣味と同時に仕事だし、仕事と同時に趣味みたいなもの。それにもうここまでくると責任があるので。支えてくれてる人がいる、支えるものがある。そういう方々に対して責任があるし、作れないとか言ってる場合じゃない。

makiko: ではストレスを感じたり壁にぶち当たったりとかはそんなにないですか。

INORAN: ないですね。というか自分では感じてないのかな。ほんとに凄く色んな事に恵まれているので、周囲に感謝の気持ちを返していきたいと思っています。

makiko: 好きな事が仕事になるって、人として生まれてきて最高な事ですよね。

INORAN: そうですね。ただ20代のときとかは、やっぱり夢と情熱が仕事の量よりも上回ってて、色々考える事もありましたよね。「何かをやるには何かを失う」って必ずあると思うんだけど、それもあったしさ。でもそこはがむしゃらにチャレンジし続けたんです。

 

Page 1/2

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 【PR】今こそ乗るべきBMW”6のクーペ"、その理由 2016.11.8 update
  • 【PR】編集長・干場義雅が提案 オンでもオフでも圧倒的に使える! 「着まわしコート」18のスタイル 2016.10.25 update
  • 【PR】FOREVERMARK × FORZASTYLE ダイヤモンドは永遠の輝き 2016.10.18 update
  • 【PR】モテたい・老けたくない・ハゲたくない40's必見! アンファー×FORZA「アンチエイジングの旅」 2016.6.13 update

SELLECT 10

ランキング

HOT TOPICS

SNAP