Web magazine for smart 40's

TOP > COLUMN
LIFESTYLE

40男の ”アガり” の逸品
第3回 パテック フィリップのRef.5227

2016.6.29
2016.6.29

コスパでは計りきれない、究極の満足感

ファッション、クルマ、時計に限らず、これまでさまざまなモノを試してきた40代。失敗を繰り返しながら、それなりの審美眼が養われた今だからこそ、そろそろ人生を豊かにしてくれるホンモノ、あるいは究極の逸品を買い揃えていきたい。そうお考えの諸兄が多いのでは!?

では、我々にとって“アガり”と思える基準は、一体どこに設けるべきか? モノに対する価値観はオーナーごとに異なるので正解がひとつではないことだけは確かですが、一定の水準、もしくは幾つかのハードルを越えたものだけがその評価の対象になれることだけは間違いありません。玉石混交、数あるアイテムの中で、今改めて評価したいアイテムをご紹介する本連載。皆さまの生活の質を上げる一助となれば幸いです。

世界一を誇る外装技術を随所で披露

さて、今回のアガりの一品は、言わずと知れた機械式時計の超名門Patek Philippe(パテック フィリップ)から「カラトラバ Ref.5227」をお届けします。

ご覧の通り、Ref.5227はごくシンプルな3針のラウンドケースの腕時計。華美な装飾が施されているわけでもないので、ぱっと見たところ、悪目立ちするような要素は一切見受けられません。しかし、この時計、そこがミソなのです。

「つまるところ、究極のアイテムの条件とはシンプル イズ ベストであること!」などといったありきたりの答えをこの場を借りて述べるつもりは毛頭ありません。なぜなら、Ref.5227にはユニークな意匠がたくさん備わっているのですから。

パテック フィリップにはその長い歴史において、数々の傑作や特別な機構を開発してきました。ケースバックにヒンジ付きのカバーを備えた「オフィサー・モデル」もそのひとつ。2013年に登場したRef.5227は、究極のドレスウォッチの系譜を継ぐカラトラバのケースデザインとこのディテールを見事にマッチさせています。

最大の特徴は“インビジブル・ケース”と呼ばれる、サファイヤクリスタル製のケースバックを保護するためのカバーにあります。その名の通り、正面からは一切確認できないほどの小さなヒンジで取り付けられています。境界線がほとんど見えないので、カバーだとわかっていても、どうやって開ければいいのか戸惑うほど。

カチッという小気味のいい音とともにカバーを開けると、自動巻きムーブメントCal.324 S Cの姿が覗きます。22金を使ったローターはもちろん、徹底的に磨き上げられたカバー裏側は息を呑むほどの美しい仕上がりです。

そして、自動巻きの腕時計でありながらケースの厚さはわずか9.24mmと、ここでも控えめな印象に徹している姿勢が見受けられます。ケース径39mmという流行に左右されないサイズ感も、このモデルが持つ普遍的なデザインに通じるものがあります。

何世代も受け継げるクオリティこそが超一流の証!

最高峰の機械式時計ともなれば、外装やムーブメントの調整はミクロの世界ゆえ、とてつもなく高い技術を要します。気が遠くなるような努力を積み重ねた結果、Ref.5227が手にしたのは驚くほど控えめな佇まい。そこに究極のダンディズムを感じられずにはいられません。

ちなみにパテック フィリップはこのモデルをリリースする際にこんな一文を残しています。

「完璧なケースは、創作の過程で行われたデザイン研究、解決された技術的問題、達成された工芸的完成などを一切垣間見せることはない」。

失敗しないモノ選びをしようとするとき、人は大概ベーシックなデザインに頼るものです。しかしそれはときに無難な選択に映ることもあるかもしれません。かといって、なにかと新しいモノ好きというのも、いい大人がなんだか浮気性に見えてしまいます…。

ところが「パテック フィリップの腕時計を選ぶ」という選択肢は、上記のどちらとも違う気がしてなりません。一生どころか、何世代でも受け継げる普遍性とクオリティ。機械式時計の本質をどこよりを理解するパテック フィリップの腕時計を所有することでオーナーは至福の喜びに包まれます。そこにはありきたりの定番アイテムを買い揃えることでは決して味わえない満足感があるのです。

1932年に誕生した時計界の永世定番Ref.96然り、Ref.5227のシンプルなデザインに宿る数々の意匠には唯一無二の味わいがあります。ですからドレスウォッチの最良の選択肢のひとつ、あるいは「先物買い」という意味でもぜひオススメしたい次第です。Ref.5227はこの先、あなたやその次の世代のオーナーの成長とともに価値や評価を一層高めていくことでしょうから。

Photo:Yozo Yoshino(TAKIBI)
Text:Jun Namekata(The Voice)

▶︎画像拡大表示PATEK PHILIPPE Ref.5227                           自動巻き(Cal.324 S C)、WGケース×アリゲーターストラップ、3気圧防水、ケース径39㎜/390万円(税抜) 

【問い合わせ】
パテック フィリップ ジャパン・インフォメーションセンター
03-3255-8109
http://www.patek.com/jp

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 【PR】今こそ乗るべきBMW”6のクーペ"、その理由 2016.11.8 update
  • 【PR】編集長・干場義雅が提案 オンでもオフでも圧倒的に使える! 「着まわしコート」18のスタイル 2016.10.25 update
  • 【PR】FOREVERMARK × FORZASTYLE ダイヤモンドは永遠の輝き 2016.10.18 update
  • 【PR】モテたい・老けたくない・ハゲたくない40's必見! アンファー×FORZA「アンチエイジングの旅」 2016.6.13 update

SELLECT 10

ランキング

HOT TOPICS

SNAP