Web magazine for smart 40's

TOP > NEWS
CAR

スポーツの世界にも階級あり!
注目のイタリアン・ラグジュアリー

2016.5.18
2016.5.18

マセラティの新境地「レヴァンテ」

一昨年の2014年に創立100周年のセレモニーを終え、新たなステージを迎えているマセラティですが、直近の話題といえば、やはり同社初のSUVとなる「マセラティ・レヴァンテ」です。

そのパッケージデザインを見ると、SUVというよりはクロスオーバー車という雰囲気で、低重心と限りなく50:50に近い前後重量配分から、目ざといラグジュアリースポーツファン注目のモデルとなっています。

ボディサイズは、全長5003×全幅1968×全高1679 (mm)。パワーユニットはフェラーリ・チューンの出力の異なる2タイプ、3リッターV6ツインターボエンジンを用意。それぞれの最高出力と最大トルクは、スタンダードのレヴァンテが350ps/500Nm、ハイスペック版のレヴァンテSが430ps/580Nmというスペックです。

日本ではこの2グレードを9月から先行販売。また、来春には最高出力275ps、最大トルク600Nmのディーゼルエンジン搭載モデルもデビューを予定しています。もっとも最高速度が低いディーゼルでも230km/h。0-100 km/hの加速タイムは6.9秒というパフォーマンス。速さは十分です。

クルマにちょっと詳しい方ならご存知のように、かつてマセラティはF1でも活躍した名門です。しかも戦前からの歴史がありますので、英国勢のラグジュアリーブランドと十分に肩を並べるだけの素地があります。

ラグジュアリーなライフスタイルを訴求するマセラティのプロモーションは、ポロやセーリングといった分野をサポートすることからも彼らの狙いが理解できます。

最古のチームスポーツといわれるポロは紀元前から歴史があり、乗馬やハンティングとともに上流階級のスポーツとして英国で発展してきました。日本人には馴染みのないスポーツですが、1チーム4人で実質16頭の馬が必要になりますので、それなりの財力と自由時間がなければ嗜むことはできません。

ちなみに英国王室でも必須スポーツのようで、ウィリアム王子とヘンリー王子も嗜んでいらっしゃいます。

貴族的なクラス感と艶のあるラグジュアリーSUVは、今のところ先にデビューしたベントレー・ベンテイガと今回ご紹介したマセラティ・レヴァンテぐらいでしょうか。

もしマセラティを選ばれるなら、エルメネジルド・ゼニアのインテリアとバウワース&ウィルキンスのオーディオシステムをお忘れなく。上質なパーソナライズメニューはラグジュアリーブランドの特権なのですから。

Text:Seiichi Norishige

価格:レヴァンテ 1080万円
レヴァンテS 1279万円
レヴァンテ・ディーゼル 価格未定

マセラティ ジャパン
0120-965-120(マセラティ コールセンター)

■Maserati and La Martina present: Polo Stories - Episode 1

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 【PR】今こそ乗るべきBMW”6のクーペ"、その理由 2016.11.8 update
  • 【PR】編集長・干場義雅が提案 オンでもオフでも圧倒的に使える! 「着まわしコート」18のスタイル 2016.10.25 update
  • 【PR】FOREVERMARK × FORZASTYLE ダイヤモンドは永遠の輝き 2016.10.18 update
  • 【PR】モテたい・老けたくない・ハゲたくない40's必見! アンファー×FORZA「アンチエイジングの旅」 2016.6.13 update

SELLECT 10

ランキング

HOT TOPICS

SNAP