Web magazine for smart 40's

TOP > NEWS
CAR

欧州ブランドに食傷気味というアナタに
2016年注目のラグジュアリーブランド

2016.5.12
2016.5.12

見逃せない新世代キャデラック

アメリカを象徴するラグジュアリーブランド「キャデラック」のニュースです。先ごろ本国デビューを飾ったフルサイズセダンの「CT6」が、日本でも9月に正規導入されることがアナウンスされました。

キャデラックCT6は、同ブランドのフラッグシップセダンという位置付け。ボディサイズも全長5190×全幅1885×全高1495(mm)と、メルセデス・ベンツSクラスやBMW7シリーズとほぼ変わりません。

また、今後キャデラックはこのCT6から車名を変更。順次、アルファベット+数字でクラスを表現していきます。

新世代キャデラックはブランドコンセプトとしてルーズヴェルト大統領が残した言葉を引用。「Dare Greatly ― その挑戦が、世界を変える」を掲げ、全ラインアップをグローバル化。各セグメントで真っ向勝負できるよう商品力を高めて行きます。

さて、先陣を切るCT6ですが、大幅にアルミ技術を導入し軽量化を実現した新型シャシーと先端技術を駆使した安全デバイスが特徴です。キャデラックは高級車のイメージか強いと思いますが、伝統的に新型車に先端技術を投入してきた経緯があります。

日本導入モデルのパワートレインは、新開発の3.6リッターV6と8速ATの組み合わせ。最高出力340PS、最大トルク386Nmのスペックは少々物足りなく感じるかもしれませんが、想定ライバルより約100kgも軽い車体には十分なパフォーマンスを発揮するはず。

そして新世代キャデラック第二弾となるのがSRXクロスオーバーの後継モデルのSUV「XT5」です。

CT6もそうですが、このXT5もデザイン的に非常によくまとまっています。インテリアもアワードの大賞に輝くなど話題も豊富。日本への導入モデル、装備面など詳細は未定ですが、その期待は高まる一方です。

キャデラックの創業は1902年とラグジュアリーブランドにふさわしい十分なヘリテージがあります。この機会に是非一度、新世代キャデラックにご注目いただきたいと思います。

Text:Seiichi Norishige

価格:キャデラックCT6 セダン プラチナム 998万円/キャデラックXT5 価格未定

ゼネラルモーターズ・ジャパン
0120-711-276(GM カスタマー・センター)

■The First-Ever Cadillac #CT6 Sedan

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 【PR】今こそ乗るべきBMW”6のクーペ"、その理由 2016.11.8 update
  • 【PR】編集長・干場義雅が提案 オンでもオフでも圧倒的に使える! 「着まわしコート」18のスタイル 2016.10.25 update
  • 【PR】FOREVERMARK × FORZASTYLE ダイヤモンドは永遠の輝き 2016.10.18 update
  • 【PR】モテたい・老けたくない・ハゲたくない40's必見! アンファー×FORZA「アンチエイジングの旅」 2016.6.13 update

SELLECT 10

ランキング

HOT TOPICS

SNAP