Web magazine for smart 40's

TOP > NEWS

【連載】カルロ黒部の
GENTLEMEN'S STYLE
第15回 アントニオ・リヴェラーノさん

2015.12.29
2015.12.29

サルトリア・フィオレンティーナを代表する巨匠

「カルロ黒部のGENTLEMEN’S STYLE」第15回目はアントニオ・リヴェラーノさん(Antonio Liverano)の登場です。

イタリアを代表する高級素材メーカー、ヴィターレ・バルべリス・カノニコ社のレセプションパーティーで久しぶりにお会いしたリヴェラーノさんは、相変わらずの優しい笑顔で出迎えてくれました。

リヴェラーノさんは1937年プーリア州ターラントの生まれ。長靴の踵部分のこの街は紀元前7世紀スパルタから逃れた人々が設立した古い歴史があり ます。プーリア州はレース細工などの凝ったウエディングドレスの産地で、手仕事を大切にする伝統があります。リヴェラーノさんも7歳からサルトリアの修行 を始めます。その後、年の離れた兄ルイジさんが1948年フィレンツェにサルトリアを開き、自身も移り住みます。兄弟の名を冠した LIVERANO&LIVERANOの長い歴史のスタートです。修行を始めてから70年以上、今ではサルトリア・フィオレンティーナを代表する巨 匠がリヴェラーノさんなのです。

この日はレセプションパーティーに相応しいグレイッシュネイビーのバーズアイ素材の3ピーススーツでした。広めに設定された肩幅に対してシェイプし たウエストラインという本来は男性的なフォルムなのですが、優しい印象を与えるのは、肩パッドなどの副資材を極力抑えて肩甲骨の付け根部分まで緩やかに カーブする肩に秘密があります。フロントの緩やかな曲線を描くカットやラペルのエッジ部分の丸みのある処理も優しさを与えています。

太いラペルのゴージラインは肩線に対してかなり下を向いています。ただし良くみると下衿の先が若干、上を向いているのが分かりますでしょうか。ラペ ルやショルダーは言わばスーツの顔で、どこのサルトが作ったのかが分かる大切なポイントなのです。フロントダーツはなく、その分、脇のダーツで絞っていま す。切り替えがないため格子柄のスーツを仕立てた際は特にすっきり見えるのです。

気になる続きはコチラから!

 

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 【PR】今こそ乗るべきBMW”6のクーペ"、その理由 2016.11.8 update
  • 【PR】編集長・干場義雅が提案 オンでもオフでも圧倒的に使える! 「着まわしコート」18のスタイル 2016.10.25 update
  • 【PR】FOREVERMARK × FORZASTYLE ダイヤモンドは永遠の輝き 2016.10.18 update
  • 【PR】モテたい・老けたくない・ハゲたくない40's必見! アンファー×FORZA「アンチエイジングの旅」 2016.6.13 update

SELLECT 10

ランキング

HOT TOPICS

SNAP