Web magazine for smart 40's

TOP > COLUMN
CAR

【連載】かつての憧れ名車を手に入れる方法
第3回 マセラティ グランスポーツスパイダー

2015.12.28
2015.12.28

40男の武器となる「究極の艶っぽさ」を
追求したこだわりの高級スポーツモデル

40男が若かりし頃に憧れていた”クルマ”の今を追い、専門家を交えて様々な角度からクルマを検証するコラム。第3回は、前回のフェラーリ社と勝るとも劣らないマセラティ社から、皆さんの憧れでもあったはずの「マセラティ・グランスポーツスパイダー」をご紹介します。

ジョルジェット・ジウジアーロが担当したデザインがベースとなった色気満点のいたるデザインはマセラティならでは。

クーペよりもホイールベースが220mm短縮された「スパイダー」はマセラティ社を象徴する高級スポーツモデルともいえるでしょう。

最高級な素材(レザー・カーボン等)がふんだんに用いられたとてつもなく贅沢なインテリア

大人ユーザー向けとして仕立てられたインテリアはイギリスの「アストンマーティン」と肩を並べるほど贅沢な素材を使い、古き良きヴィンテージカーを思わせる、こだわりの車内空間となっています。

最高出力400PS、最大トルク46.0kg・mを発揮する高性能エンジンは、最高速度が290km/hにも達する

6連セミオートマ(カンビオコルサ)を自在に操る時に聞こえてくる官能的なエンジンサウンドは、ドライバーはもちろんのこと、車外にいる人々をも魅了するはず。

マセラティ伝統のエレガントなデザインの車内時計

マセラティ社伝統のアナログ時計は、その昔、カルティエ社が担当していたことからも分かる通り、究極のエレガントさを追求するマセラティ社のこだわりが垣間見れる。

今回ご紹介している「グランスポーツスパイダー」はヴィンテージカーに向かう入門編にふさわしいはず。現行モデルにはない、趣味性の高さが特徴でかつての名車「ビトゥルボスパイダー」は保有するのにメンテナンス部分等の苦労を伴いますが、「グランスポーツスパイダー」もミッションクラッチ残量やメンテナンス履歴を各にする必要はありますが、比較的に機関系の信頼性が高いマセラティです。流通台数が極端に少ないので、現在の相場は時価ともいえますが、ボディカラーや状態よってかなりの差があるので、購入の際は吟味して選ぶのがよいと思います。
実用燃費は街中で5〜6km、高速道路で10km弱が目安、意外に経済性が高いもの魅力的なポイントではないでしょうか。

Special adviser:Koichi Iwasaki(51 CARS)
Text:Kenji Takao(HIP)

【スペック】
車名:マセラティ グランスポーツスパイダー
年式:2007
走行距離:3.5万km
色:アニバーサリーブルー
乗車定員:2名
排気量:4,244 cc
記録簿:あり
修復歴:なし
価格:599万円(新車価格:1,522万円)

【問い合わせ】

アクアズーロ

224-0066 神奈川県横浜市都筑区見花山1-20
045-949-6660 (10:00~19:00)
定休日:毎週火曜日 
http://aquazzurro.jp/
 

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 【PR】今こそ乗るべきBMW”6のクーペ"、その理由 2016.11.8 update
  • 【PR】編集長・干場義雅が提案 オンでもオフでも圧倒的に使える! 「着まわしコート」18のスタイル 2016.10.25 update
  • 【PR】FOREVERMARK × FORZASTYLE ダイヤモンドは永遠の輝き 2016.10.18 update
  • 【PR】モテたい・老けたくない・ハゲたくない40's必見! アンファー×FORZA「アンチエイジングの旅」 2016.6.13 update

SELLECT 10

ランキング

HOT TOPICS

SNAP