Web magazine for smart 40's

TOP > COLUMN
LIFESTYLE

緊急対談! 峰なゆかさん×干場義雅
『アラサーちゃん 無修正』作者が伝える
アラフォーくんの◯と×
第二弾:不倫編

2015.10.6
2015.10.6

アラフォーくんが陥りがちな、不倫の落とし穴とは?

漫画『アラサーちゃん 無修正』が大ヒット中の峰なゆかさんと干場義雅編集長によるアラフォー講座の第二弾は不倫について。その前に、第一弾のSEX編はすでに目を通していただけましたでしょうか? 大事なことがたくさん話されていますので、ぜひ一読くださいませ。残念ながらSEX編はFacebook上では「コンテンツが安全ではない」とブロックされてしまいましたが、不倫編もありのままにお伝えいたします!

『アラサーちゃん 無修正』では中年くんなる妻子持ちのアラフォー男性がアラサー女性サバサバちゃんと不倫中。妻とセックスレスの中年くんは、気ままにルンルンしながら恋愛(セックス)を謳歌しています。それも、“ハゲときどき勃起不全”という男性の2大コンプレックスを抱えつつも、歳下の女性にモテているんです。

峰なゆかさんが伝えるアラフォーくんの不倫 その1


▶︎拡大画像表示
©扶桑社/峰なゆか

FORZA:普通だったら不倫は独身女性にとって何もメリットがないようにも思えるのですが、なぜ不倫に走ってしまう女性がいるのでしょう?

:ふたつタイプがあると思うんですよね。ひとつは楽な恋がしたいタイプ、もうひとつはイケない恋に興奮するタイプ。前者の独身女性と既婚男性の不倫は、“おじいちゃんと孫”みたいなものです。お互いに関係は深すぎないけど好意はもっていて、彼氏彼女もちというポジションをキープできる。子育てほど親密じゃないから、叱ったり責任とったりする必要はなくて、かわいいからついモノをあげたり美味しいものを食べさせたくなったりします。

干場:孫もおじいちゃんには甘えやすい、と。

:はい。そしてもう一方のイケない恋に興奮する女性は、大変ですね......。特にアラサー以降で不倫にハマってずぶずぶになると、貴重な時間があっという間に過ぎてしまいます。予防接種と同じで、早いうちに済ませるにこしたことありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



干場:女性の方は相手の奥さんのこととかやっぱり気になるわけですよね?

:絶対にどこかのタイミングで奥さんのことを聞いてくるはずです。

干場:男性は、「あまり上手くいっていなくて......」などととりあえず言ってそうですが、どうなんでしょう? 

奥さんとの関係を聞かれたときの一番いい回答としては「友達みたいな感じかな」と言うこと。奥さんをけなしたらイヤなやつに見えてしまうし、でも褒めたら女性はもう無理かなと諦めてしまう。「友達」と言ったらセックスレス感も出て、一番あたりさわりがないです。

FORZA STYLE:その後、子供のことも聞かれるんでしょうか?

:子供はやっぱりキーワードで、不倫をしている子が諦めようと思う理由のNO.1が、不倫相手の奥さんに子供ができること。あー、やっぱりセックスしてたんだなと萎えて卒業していくんです。

干場:みなさん自分から言うんですかね?

:言わなくてもFacebookとか見てバレたりするんですよ。

峰なゆかさんが伝えるアラフォーくんの不倫 その2

▶︎拡大画像表示
©扶桑社/峰なゆか

FORZA:アラフォーの男性は年齢的に自分より下の女性がかわいく見えたりするんですか?

干場:そんなことないですよ。僕はむしろ自分より歳上の女性をきれいだなと思うことは多いですが。

:それは好印象ですね!!

干場:え、なぜ?

:40代後半の女性がステキということですよね。

干場:はい、女性は年齢を重ねた方が色っぽくないですか? 20歳のころに40歳の女性とつき合っていたことがあって、その方にデートの仕方とかを教わったんですよね。そんなこともあって、若いころからずっと歳上の女性が好きなんです。若いとこう......あれ、なんでオレはいまこんな話をしているんだっ!!

 

 

 

 

 

 

 

 



:アラフォー男性が歳上の女性が好きって、すごくいい話ですね。精神的に自立している感じがします。逆にアラフォーで “女性は20代前半にかぎる!”と言って憚らない人はちょっと引いてしまいます。別に個人の趣味で若い女が好きなのは全然構わないんですけど、20代後半以降の女性がいる場でやたらめったら口にするのは失礼な感じしますよね。

FORZA:失礼な感じがします!

:私はいまちょうど30歳なんですが、ときどきアラフォー男性に自分の年齢を言うと、それでも若い女扱いをして喜ぶ人がいます。「えー、ひと周りも違うんだ!」って。でも相手の年齢が若いことが高ポイントなら、もしも20歳の子が出てきたらその人はもっと喜ぶと思いません? 

干場:そうですね。

:こちらとしては不信感がわくだけなので、たとえ好きでも表には出さない方がいいと思いますね。あと若い女性に興奮する男性が言いがちなのが、「オレが20歳のときに君は小学生だったのか〜」というようなこと。これは印象がよくないですね。

干場:平成生まれに反応するとか。

:ただ、20代前半の若い子のなかの一部に限っては、そんなリアクションを喜んだりするかもしれません。20歳前後の女子のなかでは、40歳の男性とつきあっていることが「少し変わってる私」みたいなある種のステータスとして捉える子がいるんですよ。「マイナーな音楽を聞く少し変わってる私」みたいなノリで謎の優越感をもてますから。男も女も年齢差計算が好きで、ニーズが合ってつき合うパターンもありますね。例え相手が既婚者であっても。



FORZA:どうして不倫がクセになる男性がいるんでしょう?

:男性は、奥さんにはできないプレイを不倫相手で楽しむし、不倫をするタイプの女性はイケない恋に興奮する性質だから、アブノーマルなプレイをむしろ喜んだりします。

干場:ここでもニーズが合ってるんですね。

:“オレの嫁はこんなふしだらな女ではない!”という願望があって奥さん相手にはできないのかも。本当に、不倫をしている女子のア○ルセックス率の高さは異常なんですよ!

干場:それは初耳です。

 

 

 

 

 

 

 

 



峰なゆかさんが伝えるアラフォーくんの不倫 その3

▶︎拡大画像表示
©扶桑社/峰なゆか

FORZA:最後に、絶対に気をつけないといけないことがあれば教えてください。

:既婚男性に限らずですが、意外とコンドームをつけない男性ってけっこういるんですよね。習慣になっている人も多くて、いままでできなかったからずっとできないと思いこんでいる。まれに女性が妊娠願望があって「つけなくていい」と言ったりするのも要注意ですね。既婚男性相手にそう言う子もいるはず。でも、女性が「つけて」とはまだ言えますけど、男性から女性に「つけた方がいい」とは言いづらい。

干場:そんなときは?

:いい方法があるんですよ。超モテて色んな女の子から狙われている男性に聞いたんですが、「オレ、ゴムつけてないと長持ちしないから!」と言えばすごく自然。自分の身も守れるし、相手の女の子を傷つけることもありません。

干場:それはモテ男ならではの逃げ道ですね。それにしても、やはり不倫にリスクはつきものですね......。



峰なゆか
漫画家・文筆家。『週刊SPA!』にて2011年から連載している『アラサーちゃん 無修正』(1〜4巻/扶桑社)が累計60万部の大ヒット中。アラサー世代の恋愛観を切実かつコミカルに描き、女性たちの共感を得るが、実は男にとってはモテ指南書でもある。昨年には壇蜜さん主演でドラマ化。エッセイ漫画『女くどき飯』(ぐるなび内「みんなのごはん」に連載)も好評。1984年生まれの30歳。猫が好き。

Text:Tomoko Oishi
Photo:Riki Kashiwabara
 

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 【PR】今こそ乗るべきBMW”6のクーペ"、その理由 2016.11.8 update
  • 【PR】編集長・干場義雅が提案 オンでもオフでも圧倒的に使える! 「着まわしコート」18のスタイル 2016.10.25 update
  • 【PR】FOREVERMARK × FORZASTYLE ダイヤモンドは永遠の輝き 2016.10.18 update
  • 【PR】モテたい・老けたくない・ハゲたくない40's必見! アンファー×FORZA「アンチエイジングの旅」 2016.6.13 update

SELLECT 10

ランキング

HOT TOPICS

SNAP