PR PROMOTION

干場の “初ロロ・ピアーナ” はこれだった!
10回以上リピートしてる名靴「オープン・ウォーク」って?

 
初心者でも買いやすい! ファースト・ロロ・ピアーナ向けのアイテムがあるんです!!

大阪で EUROKENVYのデザイナーとして活躍する、KEN NAVYさん。編集長干場とも親交が深く、東京を訪れた際にロロ・ピアーナ 銀座店のVIPルームに呼ばれ、一緒に買い物することに。

若くして成功を収めているKENさんであっても、やはりロロ・ピアーナの敷居は高いようで…。いままで気にはなっていたものの、なかなか購入までは至らなかったようです。

そんな彼に、ロロ・ピアーナの真の魅力と、じつは初心者でも買い求めやすいアイテムがあることを知って貰おうと、干場が一緒に店内を巡ることに。

VIPルームのある4階から階段を降りて 3階のメンズフロアへ向かう際、干場がレクチャーしたのは店内の装飾。じつは階段の手すりにはロロ・ピアーナが誇るカシミヤ、壁にはリネンのテキスタイルが使われています。

そんな贅沢具合に驚きを隠せないKENさん。本当に自分が購入できるようなアイテムがあるのか!? 若干不安に駆られます。

尻込みしそうなKENさんを安心させるべく、スタッフの方が登場。まずはロロ・ピアーナというブランドについて教えて頂きます。

1924年、北イタリア・トリベロで創業したロロ・ピアーナは、テキスタイルブランドとしての認知度が高いですが、じつは"究極の原材料を使用した世界最高峰のレディ・トゥ・ウェア"も手掛けています。

それらのコレクションは、長きにわたる伝統と最先端のテクノロジーが組み合わせられ、クラフツマンシップと卓越したサルトリアル技術をもって作られ、世に送り出されているのです。

どれもかなり高額ではありますが、最高品質の素材を保証するために、各ブリーダーへの絶え間ない直接的なサポートや、理想的な環境で暮らしている群れだけを厳選、そして それら素材の魅力を最大限に引き出すことができる職人の育成などにも心血を注いでいることを考慮すると、納得できるのではないでしょうか。

一見ベーシックでシンプルに見えるアイテムは、実際に袖を通してこそ そのエレガントさや極上の肌触りを体感することができるということで、早速何点かKENさんに試して貰うことに。

ブランドについての詳しい話を伺い、アイテムを眺めているうちにワクワクが止まらなくなってきたKENさんが最初に触れてみたのは、「ザ・ギフト・オブ・キングス®」!

ロロ・ピアーナがオーストラリアとニュージーランドの生産者から調達している、約12ミクロンという世界で最も極細なメリノウールで、生産量は年間わずか3,000kgという極めて稀少な天然繊維です。

そんな稀少なウールを使用したハーフ丈の「ブリーカー・オーバー・ジャケット」を羽織ってみましたが、その軽さと柔らかい着心地に気絶っ!

さすがに、いきなりこのレベルのアイテムに手は出せないので、Tシャツなどに視点を変えます。

そうこうしているうちに目についた、ヤギ革スエードのスニーカーが気になりだすKENさん。

ヌアージュ・スニーカー 11万5500円

アッパーをミッドソールに特殊な機械で縫い付け、そのパーツを靴型に被せてさらに加工する袋縫い製法で作られ、撥水・防汚加工も施されている「ヌアージュ・スニーカー」は、11万円台。

これだけ上質な素材を使い、さらにイノベイティブな技術が盛り込まれて、この価格なら決して高くはありません。

まずはキープして別のアイテムもチェックしに。

ここで干場が、自身が初めて購入したアイテムの話へ。

イタリアで故セルジオ・ロロ・ピアーナ氏とピエール・ルイジ・ロロ・ピアーナ氏を取材する際に"何か身につけてお会いしたい"と思い購入したのが、靴だったそう。

そんな経緯で初めて購入した「オープン・ウォーク」は、現在までに10足以上買い増ししており、まるでカシミヤを履いているかのような履き心地で10万円台と手が届く価格なのでオススメと、KENさんにレコメンド!

さらに、夏の足元に合わせたい「サマー・ウォーク」も推します。

「オープン・ウォーク」か、「サマー・ウォーク」か…、悩むKENさん。

ちなみに、「オープン・ウォーク」はロロ・ピアーナで働くスタッフの方々のユニフォームで、スーツに合わせている姿がカッコいいんです。

そして、パーソナライズも可能で、ボディ&内側の素材とカラーをお好みで選ぶことができ、ソールも春夏用・秋冬用とで選択できて、8〜9週間程度でお手元に届きます。

自分だけの一足が欲しい方にはうってつけです。

オープン・ウォーク・ニット・アンクルブーツ 10万6700円

他にもロロ・ピアーナが得意とするウールをボディに使用した「オープン・ウォーク」や

ロータス・フラワー®・ファブリックのシーサイド・ウォーク 11万1100円

リネンのシーサイド・ウォーク 6万9300円

夏の足元を涼しく飾ってくれるエスパドリーユタイプの「シーサイド・ウォーク」

「オープン・ウォーク」同様にパーソナライズもできる、ウィッシュ®・ウールで編まれた二層構造のスニーカー「360 LP・フレクシー・ウォーク」などなど、素敵なシューズが盛り沢山。

初めてのロロ・ピアーナということで、悩みに悩みまくったKENさんでしたが…、ついに決断!

オープン・ウォーク(ウォームグレー)10万7800円

ファースト・ロロ・ピアーナは、干場と同じく「オープン・ウォーク」。KENさんのデイリーウェアに最もマッチするウォームグレーをセレクトしました。

そして、なんと! KENさんが悩んでる間に、干場も自身の買い物をしっかり済ませていたようで…

オープン・ウォーク(キャロブ)10万7800円

もう何足目か分からないオープン・ウォークのキャロブをお買い足し。見事2人お揃いでオープン・ウォークを買って大満足していました。

さらにKENさん、実はファースト・ロロ・ピアーナどころかセカンドまで……。その辺のお話は、ぜひ動画でご確認を。

実際にショップを訪れ、アイテムに触れてみるとその魅力に気づき、買わずにはいられなくなるロロ・ピアーナ。ぜひ皆さんもあまり気負わずに試してみてはいかがでしょう?

編集長干場やKENさんのように、どっぷりとハマってしまうかもしれませんが…。

Video:Kengo Yagawa , Shingo Takeda
Photo:Shimpei Suzuki
Edit:Ryutaro Yanaka

ロロ・ピアーナ 銀座店
東京都中央区銀座3-5-8
03-5579-5181(銀座店直通)

【提供元】
ロロ・ピアーナ ジャパン
03-5579-5182
https://jp.loropiana.com/ja/

RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE