FASHION ― オトナの”鉄板定番”ベスト200

ゲットすれば気絶する! オトナの”鉄板定番”ベスト200

大人だって、ライダースが着たい!

2019.4.9 2019.4.9
2019.4.9
男を惹きつけてやまない定番の魅力。しかし、定番ゆえに見過ごし、定番ゆえに買い逃してはいませんか? 知ればあなたの人生を必ず豊かにしてくれるFORZA厳選の「鉄板定番」を、あらためて紐解きご紹介する当企画。

小僧にならないドレスライダース

第137回目は、チンクワンタのシングルライダースです。

13万8000円(税抜)/チンクワンタ(チンクワンタ)

革ジャンは好きだけど、表革の黒でライダースとなると、年齢的に袖を通しづらくなるものですよね。いわゆる”年甲斐もなく“ってヤツです。確かに、肉厚なステアハイドのライダースは、その屈強な質感から若者の印象が強いですからね。そんなこともあり、大人向けライダースを展開するブランドは圧倒的少数。しかし、そんな中にあっても大人ライダースの理想を確立したのがチンクワンタです。

創業は1973年のイタリア・フィレンツェ。自社で生産するファクトリーブランドで、ショーなどを一切開催しない職人肌なブランドとして知られています。ファクトリーブランドならではの良質な素材、丁寧な縫製はもちろん魅力ですが、一番はなんと言っても絶妙なミニマルデザイン。ライダースのらしさを残しながらも、デコラティブな要素を排除することで、大人が躊躇する原因であるハードな印象を払拭しています。

今回ご紹介する定番のシングルライダースは、まさしくその好例。そもそもシンプルなシングルですが、チンストラップのスナップボタンやジップラインを露出させないことで、よりすっきりと洗練された顔つきになっているんです。

ジップラインは、両玉縁によって露出を軽減。このディテールでのひと手間は、さすがファクトリーブランドです。柔らかくしっとりとしたラムナッパレザーが可能にする、無駄のないシルエットも魅力です。
こちらは新作のスエードブルゾンで、ヴィンテージのフィッシングジャケットに着想を得ています。きめ細かい起毛が上質さをアピールする革はゴートスエード。フラップポケットやジップラインの風防、そしてDカンと言ったフィッシングベスト由来のディテールを備えながら、やはり印象はミニマルに留めます。12万8000円(税抜)/チンクワンタ(チンクワンタ)

着込んでヤレてからが本懐。そんなイメージがあるレザーですが、チンクワンタのレザーはしっかりと手入れをしながらキレイな状態を保ちたくなります。これぞまさしく、ドレスライダースと称される由縁です。

Photo:Naoto Otsubo
Styling:Takahiro Takashio
Text:Masafumi Yasuoka

【問い合わせ】
チンクワンタ
050-5218-3859

 

 

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 日本のビジネスマンを格好良くする100の方法 2019.4.19 update
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2018.2.28 update
  • Message from FORZA STYLE 2018.3.15 update

SELECT 10

CELEB

SNAP

FORZA FAMILYの連載コラムをいますぐチェック!

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO

VIDEO