FASHION ― 孤独の試着

孤独の試着

【孤独の試着☆ジョン スメドレー編】銀座のみゆき通りで俺と俺が闘う

2018.10.17 2018.10.17
2018.10.17

お洒落はしたいが、金は湯水のようにあるわけじゃない。しかしお洒落をすれば気分が上がる。ならばとりあえず試着しに行ってみよう。買うか買わないかは二の次でいい。試してみなきゃ何も始まらない。試着とは鏡の中の俺と俺とが闘う孤独な闘い。それが孤独な俺の「孤独の試着」。

試着の前に銀座の路地裏を散歩しながらアニ立ちで心をととのえる。

ジョン スメドレー銀座店は今年25周年を迎えた。この店の前身は昭和23年に創業したルノアール洋品店だ。あの池波正太郎の他に昭和の文化人が足を運んだと言う。

1階のウィメンズフロアはクールにスルーして2階のメンズフロアへ。

おっ!これは俺が愛してやまない24ゲージのポロニットだ。

クラシックな襟の形がたまらない。タグが何か違うぞ?

極上のメリノウールに俺の指が反応する。ややゆとりのあるクラシックなフォルムもいい。

ボタンレスのカーディガンもあるのか?正にモダンクラシックな雰囲気が俺の好みだ。これも24ゲージではないか。

話を聞くと、これらはジョン スメドレー銀座店の25周年アニバーサリーモデルで、しかも限定とのこと。

すかさずネイビーのカーディガンを試着してみる。うーん悪くない。と言うか逆に「いいねえ〜」。懐かしいのに新しい感じがグッとくる。

グレーのポロニットも試着してみる。

同色のカーディガンを重ね着するアンサンブルこそジョン スメドレーらしい着こなしだ。グレー・オン・グレーがたまらない。

鏡を見つめながら軽い気絶が俺を襲う。

こっちが運命の出会いなのか?

どうする俺。迷った時は一度、店を出てクールダウンだ。俺はネイビーのカーディガンだが、俺の中のアニキはグレーのアンサンブルだと言う。その答えはきっと、みゆき通りの風に吹かれているのかもしれない。

 

俺を迷わせた試着の数々

24ゲージ ボタンレスカーディガン (ミッドナイト)
38,000円(税抜き)

24ゲージ ニットポロ (シルバー)
35,000円(税抜き)
24ゲージ ボタンレスカーディガン (シルバー)
38,000円(税抜)

 

今回のショップ

ジョン スメドレー銀座店
東京都中央区銀座6-7-1 みゆきガーデンビル
TEL 03-3571-0128
営業時間 11:00〜20:00
http://lea-mills.co.jp/shop/ginza.html
http://www.johnsmedley.jp/

 

 

Video : Shingo Takeda/Kenta Matsuo
Photo : Naoto Otsubo
Video Edit : Ryusuke Iso
Text : Eiji Katano

 

アニインスタのフォロー、シクヨロお願いします。
https://www.instagram.com/eijikatano/

Author profile

片野 英児
片野 英児
Katano Eiji

昭和とメンズ服飾を愛してやまない1968年生まれ。FORZA STYLE編集長の干場(ほしば)がアニキと呼んだことから、いつしかアダ名がアニキに。趣味は、スナックで昭和カラオケ。呑みすぎると、歌いながら、なぜか干場と泣き合う熱き男。好きな場所は軍艦島。

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 信頼を得られる、新しいスーツ #挑戦者のスーツ INDEX 2018.10.9 update
  • 日本のビジネスマンを格好良くする50の方法 2018.10.15 update
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2018.2.28 update
  • Message from FORZA STYLE 2018.3.15 update

SELECT 10

CELEB

SNAP

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO

VIDEO