FASHION ― オトナの”鉄板定番”ベスト100

ゲットすれば気絶する! オトナの”鉄板定番”ベスト100

アメリカに恋したイタリアンデニム、大人のダンナにぴったりです!

2018.9.7 2018.9.7
2018.9.7
男を惹きつけてやまない定番の魅力。しかし、定番ゆえに見過ごし、定番ゆえに買い逃してはいませんか? 知ればあなたの人生を必ず豊かにしてくれるFORZA厳選の「鉄板定番」を、あらためて紐解きご紹介する当企画。

イタリア人って、アメカジ大好きなんですよね

第76回目は、ロイロジャースのデニムパンツです。

3万4000円(税抜)/ロイロジャース(タキヒヨー)

イタリア人って、アメリカンなアイテムが大好きなんです。なかでもデニム愛は、日本に負けず劣らず。イタリアンデニムと聞くと、デニスラを思い浮かべる人は多いでしょうが、実はアメリカンなデニムブランドも結構多いんです。今回ご紹介するロイロジャースは、そんなイタリアのアメリカンデニムシーンにおける、先駆者といえるブランドでしょう。

創業は1949年。イタリアでは最古のデニムブランドとされています。ここ日本では60年代に初の国産デニムが誕生していますから、それよりも前ですね。

イタリアらしくテーラリング仕込みの巧みなカッティングや丁寧な縫製により、今でこそプレミアムデニムブランドとしての不動の地位を確立しましたが、創業当時はファッションアイテムとしではなくワークウェアとして製作していたことから、今でもその名残りを随所ににじませます。

そのひとつがヴィンテージ加工の素晴らしさ。創業当時のアーカイブを現代まで受け継ぎ、インスピレーション源としているだけに、その仕上がりは実にリアル。なにせ、創業者フランシスコ・バッチさんが創業当時にパートナー契約を結んだのが、あのコーンミルズ社ですからね。

そんなアメリカンな要素を香らせながらも、シルエットはあくまでイタリア的。定番シルエットの529を見れば一目瞭然ですが、土臭さとエレガンスが絶妙に調和しています。そうです、このバランス感こそが、大人がリアルに穿けるヴィンテージ顔デニムブランドの定番たる由縁なのです。

ブランド名を冠したシリーズ、ロイロジャースのパッチには、ハリスツイードとメタルロゴが。他にもバックヨークには柄裏地、またアクセサリーが付属するなど、ちょっとした遊び心を潜ませるあたりは、さすがイタリアブランドって感じですね。
左はリアルなヴィンテージ加工と、ローライズのモダンなシルエットの共存が見どころのデラックス。右は主力となるスーペリアシリーズ。職人の手作業によるこだわりの加工と、美脚と評判のスリムフィットを楽しめます。 左:3万6000円、 右:3万1000円(ともに税抜)/ともにロイロジャース(タキヒヨー)

現在でも、デニム生地はコーンミルズ社を採用。さらに、日本産のデニムも採用しています。あくまでアメリカン、とはいえイタリアン。言葉にすると変ですが、ロイロジャースはいわば大人になったかつての古着世代が辿り着く境地ってところです。


Photo:Naoto Otsubo
Styling:Takahiro Takashio
Text:Masafumi Yasuoka

【問い合わせ】
タキヒヨー
03-6450-6345
https://www.takihyo.co.jp/
 

 

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 日本のビジネスマンを格好良くする50の方法 2018.9.6 update
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2018.2.28 update
  • Message from FORZA STYLE 2018.3.15 update

SELECT 10

CELEB

SNAP

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO

VIDEO