CAR ― PROMOTION

クルマもファッションも! 僕たちがカスタマイズに夢中になる理由

2018.6.26 2018.6.26
2018.6.26

吊るしは否定しない。でも・・・と僕たちは提案したいんです!

sponsored by LEXUS

ファッションとクルマ。男のライフスタイルを彩るカテゴリーで、ファンから熱く支持されている干場編集長と九島辰也氏。トップランナーである彼らの視線は、「自分だけのスタイルを持つ」ことの重要性を見つめていました。

干場:お久しぶりです。九島さん、また色気増しました?(笑)。実は今日お呼び出ししたのは、九島さんに僕がプロデュースした「タカシマヤ スタイルオーダー サロン」を見ていただこうと思いまして。

九島:歴史ある❝高島屋❞さんとのコラボなんてステキだね。日本を代表する呉服店だし、僕自身、大阪の歴史資料館(高島屋)に行ってみたいと思っていたほど。今は改装中だったかな。2019年まで閉館中らしいけど。

干場:このお話をいただいたときに、僕自身も身が引き締まるというか、気持ちが入りました。

九島:3代続くテーラーの血が騒いだことでしょう(笑)。で、干場流のブレークスルーポイントは? ファッション性は当然として、スーツは実用性もないと意味がないよね。

干場:一番の狙いはもっと気軽にオーダーメイドの世界を楽しんでもらうことです。既製品には既製品の良さがありますが、オーダーメイドならもっと個性を発揮できるんです。

九島:僕も初めてスーツをオーダーメイドしたときに、こんなに違うものなのかと感動したことを覚えています。吊るしでサイズを直したものとは別次元。

干場:ただ従来のイメージでは、時間・価格・知識もそれなりに必要で、精神的にもかなりハードルが高かった。

九島:そうだね。だから、早くてリーズナブルで、コンシェルジュ的な専任スタッフが常駐するこのサロンを作ったと。

干場:先読みしてまとめないでくださいよ(笑)。僕自身が『コレだ!』と思える3種類の形のスーツをベースとして用意し、身幅や身丈、袖丈やボタンなどカスタマイズして個々のスタイルを作ってもらえるようにしています。

九島:ゼロベースのビスポークはある意味で上級者向けだからね。だけど、ファッションで❝カスタマイズ❞という表現は新鮮! クルマの世界とも共通する言葉ですね。

干場:生地は吟味した上で約400種類から選べます。実は僕自身、生地工場から縫製工場まで現地に足を運びました。

九島:それは大切なことだ。あれ、このサロンよく見るとシューズやバッグまでオーダーできるんですか?

干場:ええ。タイや時計もあります!

九島:全身、フルカスタマイズだ。

干場:それぞれのアイテムには役割がありますから、例えばタイなら、幅、長さ、シルエットまで選べるので、細身のタイなら小顔効果を出せますし、また、シルエットによって結びの下のボリュームも変わります。一度体験されると印象の違いがご理解いただけると思います。

九島:納期はどれくらいですか?

干場:ほとんどのアイテムが約4週間です。スーツのエントリー価格は4万9000円~(税別)からとなります。

九島:このクオリティで? しかも、早い! というか適切な時間だね。やはり1ヶ月以上待たされると熱が冷めるし、かと言って、早すぎてもカスタマイズのありがたみがなくなりますから(笑)。僕も一着、欲しくなるよ。おすすめはどれですか?

干場:スーツは生地サンプルをもう少しご覧いただくとして・・・。このパイロットシャツいかがですか? ティアドロップのサングラスして細身のタイでパイロット九島の完成。合コン受けしますよ!

九島:嫁も見てるんだから勘弁してよ(笑)。この年で合コン行ってたら問題でしょ!

干場:鹿の子なんで収縮性もありますし実用的ですよ、キャプテン!

九島:もうやめて~(笑)。でもこのお店、テンション上がるよね。じゃあ、今度はお返しと言ってはなんだけど、僕が干場さんをカスタマイズしますよ。取って置きの場所へお連れしましょう。

レクサスで「レクサスのオーダー体験」。
自分だけの一台を選ぶときから、至高のドライブ体験は始まっている!

新宿から青山へ。攻守フィールドを変えダンディな二人が訪れたのはレクサスインターナショナルギャラリー青山です。世界のラグジュアリーカーを現地取材で知るモータージャーナリスト九島辰也が、ファッション通の干場編集長のわがままリクエストを強力アシストするのがその目的。

干場流カスタマイズをレクサスで具現化しようというリアルなこの試み。グレーのスーツ姿で悩める姿は、子供のワル巧みと何ら変わりはないかも知れません。それほどクルマのカスタマイズは楽しい一時なのです。

九島:クルマの出来も去ることながら、パーツやカラーなどの組み合わせをカスタマイズして、自分だけのスタイルを作れるのがレクサスの魅力です。ラグジュアリーかつスポーティ。で、どんな仕様が似合うかは普段のファッションによるけれど、今日の干場さんの感じだと・・・ちょっと赤いセダン(IS)なんて粋かも知れませんよ。

干場:ちょっと、派手すぎません?

九島:似合う! デートにピッタリ! いやいやマジメな話、いつもシックなイメージだから逆に合わせてみたんだけれど、コレは新発見。ちょっとシャアっぽくていいよ。

干場:シャアと言われると弱いですね。いまの写真見せて~(笑)。

九島:シックなセダンを赤で乗るのは本当にオススメですよ。それにしても多いのが、このサンプルの種類です。ボディーのカラーからインテリアのシートまでいろんな色見本から選べるんです。

干場:この悩んでいる時間が、苦しくて楽しいんですよね。シート素材にパンチング加工のレザーを選ぶとスポーティなイメージですか?

九島:選ぶカラーやステッチ使いも関係するけれど、今のラグジュアリーカーって、そういう縛りがないというか。

干場:明るいカラーも、とても惹かれますね。

九島:サンプルをシートの上に置いてみて。リアルなイメージがつかめるでしょ。

干場:上品で明るいホワイトかリッチクリームがいいかな。ボディカラーはシックなものにして。

九島:僕が以前提案したのはホワイトレザーのインテリアにデニムを合わせちゃうシック&カジュアルなスタイル。なんか汚れそうとか考えがちだけど、クルマの乗り換えスパンを考えたら楽しんだ者勝ちでしょ。

干場:それはファッションにもいえますね。クラシックが存在する一方で、トレンドとの融合もある……。九島さんが赤のセダンに合わせるなら何を選びます?

九島:赤・黒って組み合わせもいいけど、僕ならシャトー/セミアニリンのコンビを組み合わせるかな。

干場:車内が黒一色っていうのもシックでいいけど、こうやって見ると内装も少し遊び心があるカラーを選ぶ方が好みかもしれないですね。。

九島:選択肢の数の上ではファッションほどではないけれど、レクサスにはそれぞれの個性を表現できる選択肢が豊富に揃っている。これを活用しなきゃもったいない。

干場ファッションはこだわってカスタマイズする紳士でも、クルマ選びが中庸だとつまらないですよね。なぜクルマ選びにおいては、みな没個性的になってしまうのでしょうか。

九島輸入車ではアレコレとオーダーすると、納期まで時間がかかってしまうことが多い。だから無難な組み合わせで見込み発注するケースが多くなるんだ。工場が海の向こう側だからね。セールスマンもがんばって早く納車します……とは言えないんです(笑)。

干場:なるほど。それで早く手に取れる『定食』を選んでしまうというワケですね。僕は『アラカルト』がいいな。

九島:そう。以前よりはマシになってきたけれど、昔はカタログ上ですら決まりモノしか選べなかった。でも、本国には分厚いカタログとサンプル素材がたくさん用意されているワケで、そんな部分も並行輸入が減らない原因だったんだ。

干場:オーダーの魅力って、他人と被らないところが大きいですからね。選択肢は広いほうがいい。しかもそれができるのが日本が誇るメーカーという点もいいですよね。

九島:レクサスは1989年に北米で始まり、日本での発売は2005年から。だけど、工場はジャパンクオリティの日本が所在地だし、選択肢が多いのは作り置きではなく、受注生産だから。そうすると納期までの期間も楽しみですよね。

干場:それって、遠距離恋愛に似てません?

九島:よくわからないけど、きっとそうだと思う(笑)。

干場:日の加減でコントラストも表情豊かですね。ボディカラーのサンプルは平板じゃなく3次元フォルムなのがリアルです。

九島:クルマは着替えられないから、ボディカラーの選択は大事な要素になってくる。悩ましい部分だけど、その選んでいる時間も楽しんでほしいですね。

干場:ところで、九島さんの愛車は何色ですか?

九島:この10年ほどは黒ばかり。

干場:黒ですか。そういえば、カール・ラガーフェルドも一時期から黒しか着なくなりましたね。突き詰めると、黒は素材やフォルムを浮き上がらせる効果がありますから。

九島:一般的にフォーマルな印象をもつ方が多いだろうけど、ある意味で色を消すという効果もあるね。

干場:クルマとファッションという男を魅了してやまない2つの世界には合い通じるものがありますね。で、そんなファッションの視点でクルマを見ると、ステッチを目立たせるとカジュアルな印象が強くなります。いかんいかん、本当にドツボにハマってきました。

九島:クルマのカスタマイズでは縫い方や糸色・太さの緩急で表現することになる。どうせならカジュアルな一台とラグジュアリーな一台の2台持ちでどう?

干場:そうきましたか(笑)。僕はラグジュアリーホテルのエントランスからスポーツジムまで乗っていける1台を完成させたいなと思っているんです。

九島:そんな自分だけの一台を完成させられるのが、レクサスの強みなんです。今日はとことん付き合うので、じっくり自分の好みやライフスタイルを鑑みて、考えてちょうだい。

干場:マイレクサスを作る楽しさに気絶しそう。この時間からもう、レクサスオーナーの恍惚は始まっているんですね。

Photo:Yoshinori Kamiya
Text:Seiichi Norishige
Edit:Yoshihide Kurihara

【提供元】
レクサスインターナショナルギャラリー青山

https://lexus.jp/dealership/lexus_gallery/aoyama/

東京都港区北青山2-5-8 (レクサス青山 併設)
TEL:03-5786-2711
営業時間:平日 9:30~18:00 | 土日・祝日 10:00~18:00
定休日:火曜日・第一月曜日(1月・4月・5月・8月・12月を除く)

レクサスの情報発信地としての機能をもつ最新拠点。英語対応スタッフが常駐するなど、現行ラインナップを詳細に知ることが可能です。こちらはあくまで販売店ではありませんが、ご要望があれば担当エリアの販売店を紹介していただけます。最新の展示車両や特別展は公式HPでご確認を。レクサスコレクションもご覧いただけます。

 

 

WHAT's NEW

ランキング

HOT TOPICS

?>