FASHION ― オトコを磨く50の方法

お主、できるな! お洒落上級者は「シャツがデニム色」の理由

2018.4.22 2018.4.22
2018.4.22

カジュアルではもはや鉄板、ビジネスでもちゃんと活用してますか?

春夏になると、インディゴカラーの爽やかな色合いが、どうにも恋しくなります。ナチュラルな色合いは、春夏の軽い生地感と実に相性が良いですしね。カジュアルなら、無論マリンカラーの軸となる色。白アイテムとの組み合わせは、鉄板中の鉄板です。しかし、ビジネスにおいてはまだ臆しているという人もいるよう。やっぱりビジネスにデニムはカジュアル過ぎるのではないかと。

まず大前提ですが、ビジネスにデニム地は確かにカジュアル過ぎます。しかし、ここでいうデニムシャツとは、必ずしも綾織りのデニム生地を指すのではなく、デニム地よりも薄手で表面感が滑らかなダンガリーやシャンブレー、またはインディゴ染めの生地です。

一度手に取ればわかりますが、それらの生地感は普段着ているブロードと比べると、綾織りのデニム地ほどの差異はありません。また、昨今のダンガリー、シャンブレーシャツは、ドレスパターンに即したものも多く、着てみると意外にビジネススーツに馴染みよいと感じるはずです。ダークカラーのスーツとならいつもより強めな印象に、ライトカラーのスーツならいつもより華やかになります。カジュアルでは、生地感の違いを生かしてGジャンとのインディゴアンサンブルなんてのもいいですよね。

◆オンスタイル
キリリと引き締めつつ、ヌケ感もあるのがインディゴの魅力
シャツ3万1000円/フィナモレ(アマン)、スーツ13万9000円/ラルディーニ(シップス 銀座店)、タイ1万8000円/サルヴァトーレ ピッコロ(エストネーション)、チーフ6000円/ジエレ、ベルト1万6000円/ウィリアム、シューズ10万5000円/エンツォ ボナフェ(すべてビームス ハウス 丸の内)、メガネ4万8000円/アイヴァン 7285(アイヴァン 7285 トウキョウ)、ノートカバー2万5000円/フェリージ(フェリージ 青山店)、以上すべて税抜き

ダークネイビーのスーツに合わせれば、白シャツやサックスブルーにはないオトコらしい雰囲気に。ダークトーンでまとまったスーツ&シャツに対して、補色となる色のタイでメリハリを楽しむのもありです。それでも、よく見ればインディゴブルーがどこか砕けた雰囲気も。

◆オフスタイル
大人のデニムonデニムは、アウター&シャツで
シャツ同じ、Gジャン5万9000円/ヤコブ コーエン(ヤコブ コーエン GINZA SIX)、パンツ2万9000円/ロータ(エストネーション)、スカーフ7800円/アルテア(ビームス ハウス 丸の内)、ニットキャップ4500円/サンディニスタ(トゥー・ステップ)、スニーカー6万円/ゴールデン グース デラックス ブランド(ゴールデン グース デラックス ブランド 青山)、1万6000円/ウィリアム(ビームス ハウス 丸の内)、以上すべて税抜き

Gジャンと白パンによる、春夏鉄板のマリンカラー。足元に白スニーカーを合わせるなら、インナーはカラーバランスを考慮してインディゴカラーを合わせるのが良策です。ワークシャツではなく、あくまでドレス視点で作られた1枚なら、無骨にならずクリーンにまとまります。


ドレスとカジュアルのイイトコ取り

Finamore フィナモレ

3万1000円(税抜)/フィナモレ(アマン)

オンオフ兼用を想定するなら、フィナモレのシャンブレーシャツはまさしく適役。ビジネススタイルに馴染むドレス仕立てを採用しながらも、インディゴカラーとボタンダウン、さらに着丈をやや短めにすることで、カジュアルスタイルでも好バランスな1枚に仕上がっています。


春夏には、こんな爽やかライトインディゴがいい

Matteucchi マテウッチィ

1万6000円(税抜)/マテウッチィ(トレメッツォ)

タイドアップでもノータイでも、つまりオンオフ兼用の襟型といえばやはりカッタウェイはお約束。ベーシックな仕立てやシャンブレー生地も、その要因に。薄く色落ちしたインディゴカラーは、春夏定番のブルー系ジャケットやアウターとで、爽やかに着こなせます。


ステッチに至るまで、あくまでドレス視点で

BAGUTTA バグッタ

2万3000円(税抜)/バグッタ(トレメッツォ)

スーツにもカジュアルアウターにもバランス良く収まるセミワイドカラー。やや暗めなインディゴカラーのシャンブレーなら、さらに汎用性は高まります。仕立てはあくまでドレス視点で、裏前立てに加えてステッチもボディと同系色のネイビーにすることで、より品良く端正に。

 Photo:Naoto Otsubo
Styling:Takahiro Takashio
Text:Masafumi Yasuoka

【問い合わせ】
アマン 03-6805-0527 https://www.aman.ne.jp/
トレメッツォ 03-5464-1158 http://tremezzo.jp/
アイヴァン 7285 トウキョウ 03-3409-7285
エストネーション 03-5159-7800
シップス 銀座店 03-3564-5547
トゥモローランド 0120-983-522
ビームス ハウス 丸の内 03-5220-8686
フェリージ 青山店 03-3498-6912
ヤコブ コーエン GINZA SIX 03-3572-0017
ゴールデン グース デラックス ブランド 青山 03-3486-8860

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 日本のビジネスマンを格好良くする50の方法 2018.9.6 update
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2018.2.28 update
  • Message from FORZA STYLE 2018.3.15 update

SELECT 10

CELEB

SNAP

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO

VIDEO