LIFESTYLE ― 超絶ラグジュアリー「雲上の世界」

見ずに死ねるか?超絶ラグジュアリー「雲上の世界」

愛の温もりに包まれて眠りたいのは いくつになっても変わらない

2018.4.15 2018.4.15
2018.4.15
オトコとして生まれたからには、一度は手にしてみたいモノやコト。本企画は、そんな夢と憧れが詰まった、超絶ラグジュアリー情報をお届けいたします。実際に手に入れるか入れないかは、アナタ次第です!

採取から製造まで愛で溢れています

第14回目は、まくらぼの愛あるアイダーまくらです。

 

愛あるアイダーまくら60万円〜(税別)/まくらぼ(まくらぼ表参道店)

以前にこの連載で、高級マットレスをご紹介したところ、睡眠への関心が高いようでまくらや掛け布団も知りたいというお問い合わせがありまして、リサーチしてみたところ、見つけました高級まくら。アイダーダック100%のまくら。お値段、なんと60万円也! ご覧の通り至極シンプルで、装飾があるわけでも、ラグジュアリーなブランドが手がけているわけでもない。この金額は、使われている羽毛が高級ゆえ。

さて、ここで羽毛についておさらいです。一般的に、ダックよりグース、さらにマザーグースの羽毛が最も品質が高いとされています。ですが、このアイダーダック、そんじょそこらのカモではございません。寝具界では最上級に位置する高級羽毛なのです。主な生息地は、極寒の地・アイスランド。寒い土地で耐えうるために、その羽毛はバツグンの保温力を有しています。そして、その羽毛の軽さといったら、驚異的! 掛け布団は重さを感じないほどなんだとか。暖かくて軽いと、寝具にうってつけなのですが、何しろ希少で量産はできないそう。

といいますのも、アイダーダックは国際保護鳥のため、捕獲することが禁止どころか、触れるのもNG。その羽毛をどうやって採るかというと、野生のアイダーの巣から採取します。アイダーの母鳥は産卵をすると、卵を温めるため自らの胸の羽毛をついばんで巣に敷き詰めるのです。それを人がちょっとずつ集めます。だからひとつの巣から採れるのは わずか20gで、年間3000kgが限界。その後の加工も一貫して手作業です。

そんな羽毛がたっぷり詰まったまくらは、ふわふわ。高級ホテルのまくらで寝るあの幸せな感じを自宅で味わえます。なかに詰める羽毛の量はオーダーでき、好みに合わせて100gから(10万円/100g)調整可能です。ぐっすり寝むれそうだけど、汚さないように気をつけないと…。

フワッフワッのアイダーダウンはとにかく軽くて温かい。毛質がカギ状になっていて羽毛同士が絡み合うことで空気の層ができるため、少量でも高い保温力を発揮します。また、耐久性が高いのも特徴でお手入れをすれば、100年以上は使用できるといわれています。
アイダーダウンの掛ふとんもあります。こちらも100g単位でオーダーが可能(最低300gから)。あまりにも軽いため「あれ!布団かけ忘れてる!」と思うと同時にじんわり温かくなってきます。お手入れをして、子から孫まで受け継いでいける極上布団です。150万円〜(税別)/まくらぼ

昨今問題となっている、羽毛の採取とは違って鳥にも環境にも人にも優しい、愛たっぷりのまくら。商品名の由来もそんな背景から。愛が詰まったまくらって、いい夢が見られそうな気がしますよね。

Text:Tomomi Nishihara

【問い合わせ】
まくらぼ表参道店
03-6427-5002
http://www.makulab.jp

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 信頼を得られる、新しいスーツ #挑戦者のスーツ INDEX 2018.10.9 update
  • 日本のビジネスマンを格好良くする50の方法 2018.10.15 update
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2018.2.28 update
  • Message from FORZA STYLE 2018.3.15 update

SELECT 10

CELEB

SNAP

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO

VIDEO