FASHION ― エディター ヤナカの「こじラグ」

【睡眠負債よ、さらば!】ぐっすり眠れる エルメスのカシミアブランケットとは?

2018.1.27 2018.1.27
2018.1.27
自分が本当にイイと思う、一流品を買い集めていたら、無類の服好きが集まっているはずの編集部内でも「買い方がおかしい」「こじらせてる」と。自分じゃ、至極普通だと思っていたのに…。ホントにこじらせてるのか確認すべく、自分が買ってきた愛しい服達を紹介していく企画「こじラグ(※こじらせラグジュアリー)」を始動させます。これがお買い物の参考になるかは分かりませんが…、世の買い物ジャンキーたちを安堵させられたら本望なのです(笑)。

使い勝手の良さを考えれば高過ぎることはないし、きっとすぐに減価償却できます!

さて、77回目は またかよ! ごめんなさい。エルメスのカシミアブランケットです。なんだかんだ言い訳して、高額でも絶対に元は取れると清水ダイブをブチかましたロロ・ピアーナのカシミアブランケット。実際に使ってみたら、想像の遥か遥か上を悠に飛び越えてしまう使い心地で、冬場の睡眠がとにかく快適。こんな見た目に関わらず意外と繊細&神経質で、なかなか寝つけない性分だったのに、気づくとウトウト。なんだかとっても眠いんだ…、パトラッシュ…。ムニャムニャ……状態なんです(笑)。

しかも、毎晩ベッドで使っているだけでなく、部屋でノンビリ映画なんか観るときも膝にかけたり、グルグルっと包まったり、クルマで出掛ける際は膝掛けやケープ的に使っているので、文字通り八面六臂の大活躍! 結構ヘビーに使っているのに ほとんど毛羽立つこともなく、最初よりさらに馴染んできているので、もうすでに減価償却できてしまったのでは?と、買い物ジャンキーらしい勘違いをしています。

となれば、買い足しますよね? もう1枚や2枚。ロロ・ピアーナは2枚あるんで、次に目指すとなると、そう! やっぱりエルメスです。ブルネロ・クチネリなんかも気にはなったんですが、結構渋めなのは持っているので、「次はポップで明るいのを試してみたいな」なんて思っていたんです。

とは言いながらも、気に入った色やサイズに出逢えるまでは結構地味に時間が掛かりましたし、いざ出逢えても やはり高額ですから、おいそれと即断もできず…。でも「僕には成功体験があるんだから、減価償却できるんだから〜」と、念仏のように唱えて、今回もめでたく清水ダイブを敢行しました!

アニキにまた「どこまでエルメス好きなんだ」と言われてしまいそうですが、今回選んだのはエルメスオレンジ。でも一応、裏がオレンジで、表は黄色という組み合わせをチョイスしています。リバーシブルですし、フリンジがオレンジなので、使い方次第で完全なエルメスオレンジになってしまうんですが…。

サイズも150cm×200cmなので、ベッドだけでなく、ソファや車内でも大活躍してくれそうですし、奥様がネイビーのロカバールを纏って出掛けるときは、隣でアホな顔してコッチのオレンジブランケットに包まれて、陽気に歩いてやろうと思ってるので、減価償却だって時間の問題。

©︎gettyimages

銀座界隈をアンデスの方々のような格好で歩いてる2人組みを見掛けたら、おそらく僕らですので、そっと優しく見守って頂けたら幸いです。

Photo:Riki Kashiwabara
Text:Ryutaro Yanaka

『FORZA STYLE』シニアエディター
谷中龍太郎

さまざまな雑誌での編集、webマガジン『HOUYHNHNM』編集長を経て、『FORZA STYLE』にシニアエディターとして参画。現在までにファッションを中心に雑誌、広告、カタログなどを数多く手掛け、2012年にはニューバランス初となるブランドブックも編纂。1976年生まれ。

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 日本のビジネスマンを格好良くする50の方法 2018.7.5 update
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2018.2.28 update
  • Message from FORZA STYLE 2018.3.15 update

SELECT 10

CELEB

SNAP

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO

VIDEO