FASHION ― オトコを磨く50の方法

2018年春、スーツはストレッチ素材で軽快楽ちんが旬!

2018.2.24 2018.2.24
2018.2.24

この快適さを覚えたら、もう後戻りはできません!

ピークドラペルのスーツがトレンドに挙げられるなど、クラシック回帰が続く今シーズン。しかし、ルックスこそクラシカルでも、その仕立ては軽やかでソフトであるべき、というのが今どきなクラシック解釈の正解となっています。現在のスーツトレンドをイタリアが牽引しているのも大きな要因ですが、やはりその裏側にあるのは、コンフォート趣向に他なりません。寒さが厳しかった冬を終え、ようやく迎えた春。堅苦しいスーツなんて着たくありませんよね。そこで、ストレッチ性を備えた春スーツをご紹介いたします。

生地にストレッチを与えるならポリウレタンを混紡すれば良いのですが、その割合が増えると見た目にどうしても化繊の質感が出てしまいます。上質なスーツスタイルを目指すなら、やはり天然素材100%のナチュラルストレッチであるか、もしくはポリウレタンの混紡率が低いものを選びたいところです。

折しも、コンフォート趣向の定着とともに、昨今は名だたるテキスタイルメーカーもストレッチ生地に注力しています。ウール100%でありながら、ストレッチ性だけでなく防水性や透湿性を備えたハイパフォーマンス生地も充実しています。

高温多湿な日本。益々ジャケット勢の勢力が増す昨今ですが、ビシッと決めたい時の1着として、ストレッチスーツという選択肢は是非とも確保しておきたいもの。昨今、トラベラーをキーワードに冠したスーツも散見されるように、出張用としても重宝しますよ。

その着姿に、ストレッチ感は一切なし!

L.B.M.1911 エルビーエム1911

スーツ9万5000円/L.B.M. 1911(伊勢丹新宿店)、シャツ1万3000円/ユナイテッドアローズ(ユナイテッドアローズ 銀座店)、チーフ6000円/シモノゴダール(ザ ソブリンハウス)、タイ1万5000円/ジエレ(ビームス ハウス 丸の内)、ベルト2万7000円/シャンボール セリエ(八木通商)、シューズ10万5000円/エンツォ ボナフェ(ビームス ハウス 丸の内)、メガネ2万7000円/モスコット(モスコット トウキョウ)

ウール100%ながら、ナチュラルストレッチが効いたL.B.M.1911の1着は、伊勢丹の別注によるもの。ダーツを入れウエストをシェイプさせたシルエットが端然とした印象を与えつつも、ナチュラルストレッチとショルダーパッドを薄く仕立てることにより、着心地は実に軽やか。うっすらと浮かぶトーンonトーンのチェック然り、春夏ビジネスでのヘビロテ候補としておすすめしたい1着です。 


ウール100%でも、ここまで高機能になれる

BROOKS BROTHERS ブルックス ブラザーズ

グレースーツ8万9000円/ブルックス ブラザーズ(ブルックス ブラザーズ ジャパン)、シャツ1万3000円、タイ1万2000円/ともにユナイテッドアローズ(ユナイテッドアローズ 銀座店)、チーフ7000円/シモノゴダール(ザ ソブリンハウス)、シューズ5万9000円/ジョセフ チーニー(ビームス ハウス 丸の内)、バック45万円/ヴァレクストラ(ヴァレクストラ・ジャパン)

アメリカンクラシックの面影を残しつつ、やや細身にしゴージラインも高めにすることで、モダンなエッセンスもにじませるモデル・リージェント。生地に採用するのは、ブルックス ブラザーズが高温多湿な日本向けに開発した、その名もBROOKSCOOL(ブルックスクール)。ストレッチ性はもちろん、通気性や軽量性、抗シワ性や撥水性まで備える万能生地で、今では世界中のブルックス ブラザーズで提供されています。 

高いストレッチ性を誇るブルックスクールですが、素材は化学繊維を一切用いないウール100%となっています。
昨年の春夏シーズンより、イタリア製のウール100%生地にアップデートを敢行。手がけるのは、イタリア・ビエラの名門レダ社。

言わずと知れたあの名門が作る、高級ストレッチ

ESTNATION エストネーション

ダークネイビースーツ9万8000円/エストネーション(エストネーション)、シャツ1万5000円/ブリッラ ペル イル グスト、タイ1万6000円/フランチェスコ マリーノ(ともにビームス ハウス 丸の内)、チーフ8000円/アクアスキュータム(レナウン プレスポート)、シューズ14万円/ヴァーシュ(トゥモローランド)、

シャドーストライプが走る生地は、ロロ・ピアーナのムービング。クラシックな風合いを表現しながらも、ポリウレタンを混紡することでストレッチ性を与えた、ロロ・ピアーナ初のポリウレタン混紡生地となります。化繊混と聞くと、生粋の天然素材好きには訝しがる人もいるでしょうが、そこはロロ・ピアーナ。ウールにはファインメリノウールのスーパー120’sを採用。その生地感に、チープな雰囲気など一切ありません。 

ブレンドされるポリウレタンは、わずかに1%。今どきのストレッチスーツにおいては低混率ですが、そのストレッチ性はご覧の通りです。
トラベルラインに位置付けられるムービング。糸により強い撚りをかけているので、ストレッチ性や軽いアンコン仕立てながら、見た目は精悍な印象に。

Photo:Naoto Otsubo
Styling:Takahiro Takashio
Model : Isao Takahashi(FORZAR)
Text:Masafumi Yasuoka

【問い合わせ】
伊勢丹新宿店 ☎03-3352-1111
ブルックス ブラザーズ ジャパン☎0120-185-718
ビームス ハウス 丸の内☎03-5220-8686
エストネーション☎03-5159-7800
バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター☎0120-137-007
トゥモローランド☎0120-983-522
モスコット トウキョウ☎03-6434-1070
ザ ソブリンハウス☎03-6212-2150
ユナイテッドアローズ 銀座店☎03-3562-7798
レナウン プレスポート☎03-4521-8190
八木通商☎03-6809-2183
ヴァレクストラ・ジャパン☎03-3401-8017

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 信頼を得られる、新しいスーツ #挑戦者のスーツ INDEX 2018.10.9 update
  • 日本のビジネスマンを格好良くする50の方法 2018.12.7 update
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2018.2.28 update
  • Message from FORZA STYLE 2018.3.15 update

SELECT 10

CELEB

SNAP

FORZA FAMILYの連載コラムをいますぐチェック!

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO

VIDEO