TOP > COLUMN > 媚薬ジャズの聴かせ方
WOMAN ー 媚薬ジャズ

悪用禁止!PEPEの「媚薬ジャズの聴かせ方」

セックスレスを解消するには? 刺激的な男になる方法!

2017.10.16
2017.10.16

彼女を燃え上がらせる方法とは?

十月も半ばを過ぎ一秋の夜長をしみじみと感じるこの頃です。御機嫌よう、恋愛中毒JAZZシンガー「ぺぺ」ことRIKAPEPEです。



さて、今回のイケナイ読者からの9回目のご相談は、「婚約中の彼女と同棲して1年。セックスレスです。刺激的な男にしてください」という35歳の男性からのお悩みにお答えします。セックスレスはぺぺの周りでもよく耳にする話題ですよ、ダンナ! さっそくお便り拝見いたしましょう。

ペペ先生、今回初めてご相談させていただきます。私は、現在婚約中です。婚約中の彼女と同棲して1年以上経ちました。 同棲して半年ちょっと経った頃から、セックスレスに悩んでいます。一度、彼女とセックスレスについて話し合った事がありました。その時に言われたのが、「貴方とはそういう気分にならない。落ち着いてしまった」という事でした。彼女とは来年に結婚する予定です。しかしながら、結婚前からセックスレスというとやっぱり今後が不安です。 ある程度定期的にでも、彼女と愛のあるセックスがしたいです。どうしたら良いのでしょうか?(金融関係 35歳 タケルさん)

タケルさん、お便りありがとうございます。思い切ってご相談いただきありがとうございます。ぺぺの人生でセックスレスという文字が見当たらないので、世の中これほどにセックスレスの男女に溢れている事に驚きなのですよ。ぺぺはセックスの価値観や相性が合わない人とはまずお付き合い出来ないですし、これから人生を共に歩むお相手でしたら尚更、メイクラブは大事なコミュニケーションだと思います。同棲が長くなると、なかなか男女のフレッシュさを保つ事は難しいですよね。でも、諦めてはいけません。結婚前の彼女にもう一度男として見直して貰えるように、ぺぺ先生がなんとかいたしましょう。

「気絶注意!刺激的な男を演出するテクニック」をぺぺ先生が伝授させていただきます。

【演出1 】オシャレなお酒を使ってみましょう。

いつもの食卓。いつもの僕なら缶ビールで晩酌といったところでしょうが、たまには簡単なカクテルでも作ってみませんか? いつもと違う行動をする事で、彼女は少し構えるでしょう。貴方が作ったのはジン・トニック。そして、そのまま電気を消して、彼女をベッドルームに連れて行きましょう。できれば彼女を抱き上げてそのままベッドイン。貴方はワイシャツの襟元を緩めつつ、彼女にネクタイを解いて貰いながらキス。そして、貴方は一度部屋を出ます。彼女は次の展開にドキドキしているでしょう。しばらくして戻って来た貴方は、口に含んだジンを彼女の口に移しながらキス。これで彼女は一気に燃え上がり、気絶。

【演出2】2本の指を使ってみましょう。

お次は、ほどよく盛り上がってきた中盤に投入させたい小技です。ソフトSMに興味がある女性が多い事はご存知ですか? ネクタイで手を縛ったり、アイマスクをするとか。そういうのはだいたい想像がつきますが、意外性のある小技を使い彼女をアッと驚かせましょう。貴方が上位の状態、もしくはお互い向かい合う状態の時に相手の口に2本指を入れてみてください。その時にあれこれ動きは止めてはいけません。ベースラインのリズムの様に、クールに一定の速度を保ったままエンディングへ向かってください。すると彼女は気絶、昇天!

愉しくてうっかり筆が進んでしまいました(笑)。

2人の男女関係に必要な刺激を与える事ができたでしょうか。メイクラブは互いのコミュニケーションですから、どういう風にして欲しいなど、情報交換も大事だと思います。JAZZという音楽は音での会話がとっても大事なのですが、セッションでいうと「貴方がこの音を出すなら、私はこう重ねます」という遊び心が必要です。最終的には一つの美しい音楽(愛)を奏でられたら最高ですね。

タケルさんも今回のご相談を機に、感受性を豊かに彼女と実りあるセックスライフをお過ごしください。スマートな40代(スマフォー)のお手本になっていただけるビフォーアフター! 心よりお祈り申し上げます。

さて、今回ご紹介するナンバーは、『WHISPER NOT』です。1956年ジャズ・メッセンジャーズに所属していたベニー・ゴルソンが書いた曲です。曲がひらめいてから20分で楽譜に書き上げたという。アニタ・オデイが歌詞をつけたナンバーですが、男性シンガーのメル・トーメが歌うバージョンがぺぺは好み。一度はセックスレスになっても、また2人で愛の音楽を奏でられる事をお祈りして。では、次のナンバーでお会いしましょう。艶ュー。


■おすすめのJAZZソング
WHISPER NOT
1956(Leonard Feather / Benny Golson) Karen Gray

 
【和訳】
そっと歌って、でもはっきりとね。優しい言葉で私の耳元に囁いて。嘆きの歌ではなく、愛の祈りを。さあ、歌い続けて、一度は潰えた愛のときめく調べが戻ってくるまで。一度は仲違いした2人だけれど、そんな昔のこと忘れてしまおう。過ぎた出来事なんか囁かないで、今からでも2人の心は溶け合い、いつまでも歌い続けるのだから。

Photo:Yoshihiro Kamiya,Getty Images
Text:RIKAPEPE
Edit:栗P

RIKAPEPE(リカペペ)
ジャズ歌手/文筆家

カワイイが正義である現代に於いて忘れられがちな『色気』を再考し、往年女優が映画の中で歌い演じていた歌唱スタイルを現在の感覚で表現している。ジャズに魅せられたのは、音楽性というよりもスタンダードソングの歌詞と自身の恋愛観とのシンクロニシティから。そこに若者が流行歌を歌うのとなんら変わらない意味を見つけ、ジャズを歌い始める。また音楽に加え、大学で学んだ女性の生き方と共に変容する服飾史や、自己の恋愛遍歴を活かしたユニークな執筆活動もおこなう。現在は、自己のバンド、宣伝音楽のレコーディング、オーダーメイドスーツブランド「SUITBAR」と協力した衣装デザインなど多岐に渡る活動を展開している。
【HP】
rikapepe.jp
【instagram】
https://www.instagram.com/rikapepe/

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2017.9.19 update

SELECT 10

CELEB

SNAP

FORZA FAMILYの連載コラムをいますぐチェック!

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO