TOP > PROMOTION
FASHION

世界のエグゼクティブがオニツカタイガーを愛するワケとは?【PR】

2017.10.18
2017.10.18

「3色以上使わない」がマイルール。スニーカー選びは”エレガントさ”がキモ

sponsored by Onitsuka Tiger

日本が世界に誇るオニツカタイガーのスニーカー。世界のエグゼクティブにもファンが多いオニツカは、なぜ彼らの心をわしづかみにしているのでしょうか。パリ社交界の有名人であり、シェアオフィス「The Bureau」の創業者CEOでもある、ビジネスエグゼクティブ、ラスムス・ミシューに「オニツカ愛」をインタビュー。エレガントに履きこなすポイントは、きっと参考になるハズです。

ジャケット:Suitsupply シャツ:Charvet パンツ:Lucotex タイ:Automobile Club de France 時計:Jaeger Lu Coultre

【Profile】 Rasmus Michau(ラスムス・ミシュー)、42歳。「The Bureau」創業者CEO、経営大学院INSED Sciences Po教授。

Q1: スニーカースタイルで一番大事にしていることは?

A1: 一番は快適であること。僕はクラシックなスタイルが好きだから、スニーカーもクラシカルなデザインがいいね。このGSM9095は美しいフォルムに加え、上質なスウェードのブラックとソールの茶色がクラシカルで気に入っているんだ。

Q2: 今日のスタイリングのポイントを教えてください。

A2: この後、不動産会社と大事なミーティングがあるから、ジャケットとネクタイをチョイスしたんだ。自信に満ちた雰囲気を演出したいからね。信頼できる人柄を強調しつつ、つまらない装いにならないように、スニーカーでカジュアルダウンしてみたよ。

Q3: オニツカタイガーをどう思いますか?

A3: 10年ほど前、パリの社交界でイケイケだったときからオニツカタイガーを愛用してきたんだ。今でこそ世界的に流行っているけれど、当時パリの近郊の森で「ホワイトパーティー」をやったりしていたね。ドレスコードをホワイトにして、森でパーティーするんだよ。オニツカタイガーの靴はエレガントなのにいくら歩いても疲れないから、当時クラブが大好きだった僕にとっては最高の相棒だったんだ!

Q4: スニーカーをカッコ良く履きこなすポイントってありますか?

A4: 色味を服と合わせ、シンプルなカラーリングで統一することだね。スニーカーだけ目立たせるというよりも、全身に調和させるということだよ。スニーカーのスタイリングに限らず、僕はいつも最大3色までしか使わないようにしているね。

Q5: パリのオススメスポットを教えてください。

A5: パリは毎週新しいスポットがオープンするとても活気溢れる街。だから全てを網羅しているわけではないけれど、僕のお気に入りは百貨店のプランタンとピガールエリアだね。ピガールは若手デザイナーにも人気のエリアで、今のパリの流行の発信地の一つでもあると思うよ。

Q6: パリでよくいく夜遊びスポットを教えてください。

A6: サンジェルマン・デ・プレの「Le Montana」というBARはお洒落で音もいいね。後は真っ赤な内装がセクシーでパリのセレブたちにも愛されているナイトクラブ「RASPOUTINE Paris」。あとは1800年代からあるカフェバー、サンジェルマン通りにある「Café de Flore」でアペリティフをするのも好きだね。

 

Q7: パリでよくいくショッピングスポットはありますか?

A7: メゾン キツネ、ボンマルシェだね。

Q8: 人生への情熱、想いを聞かせてください。

A8: 僕は美しいものが好きで、アートや建築にとても情熱を感じているんだ。日本のアーティストにも興味があって、新婚旅行は日本の直島を選んだんだ。現代アートを堪能し、そこで杉本博司さんの写真を3点購入したよ。僕が展開しているシェアオフィスも同じで、ただオフィスの機能があれば言い訳ではなく、アートに囲まれた空間で、質の高い仕事をしてほしいという想いがあるんだ。今後はミラノとロンドンにも事業を展開する予定だよ。いつか大好きな日本にもローンチできたらいいな、と思っている。それが今の夢かな。

ラスムスが手がけるシェアオフィス「The Bureau

インタビュー当日の夜は、タキシードを着て奥様とガラパーティへ出かけると言っていたラスムス。スニーカーからタキシードまで、TPOに合わせて様々な装いを経験している彼ならではの、”シンプル&エレガント”を大切にしたファッションメソッドは、”3色以上使わないこと”でした。これなら私たちでも今すぐ取り入れられそうですね。世界のエグゼクティブが認めるオニツカタイガーの魅力。ぜひこの機会に再認識してみてはいかがでしょうか。クールジャパンの本当の意味を、きっと感じられるハズです。

Game, Set, Match の頭文字からその名をとった、ビンテージな印象のテニスタイプシューズ。 さまざまなシーンで着用できる主張しすぎないスタイリングの中に、テニスシューズのルーツが垣間見える。
GSM
カラー:BLACK/BLACK 価格:11,000円

【問い合せ】
オニツカタイガー(アシックスジャパンお客様相談室)0120-068-806

Photo: Yusuke Kinaka
Text: makiko

WHAT's NEW

ランキング

HOT TOPICS