Web magazine for smart 40's

TOP > COLUMN
WATCH

第2回 「ノーチラス」が愛され続ける理由
今こそ知りたいパテック フィリップの世界

2016.10.31
Page 1/2
2016.10.31

“スポーツウォッチ”の新機軸を打ち出した記念碑的なモデル

人生の半ばに差し掛かって、仕事も家庭も絶好調! いよいよ、Patek Philippe(パテック フィリップ)という憧れを掴むチャンスが巡ってきたスマートな40男の諸兄に向け、改めてその魅力に迫る本連載。

第2回は、生誕40周年を記念する話題沸騰の限定モデルを引っさげ、永世定番「Nautilus(ノーチラス)」が登場します!

パテック フィリップ史上初のスポーツウォッチ

黄金の1960年代が終わりを告げ、1970年代に入るといわゆるクオーツショックの影響で、スイス時計業界はかつてない未曾有の危機に立たされました。

機械式時計の精度を上回り、なおかつ低コストでいとも簡単に量産できる。クオーツ式ムーブメントの登場は、機械式時計の文化そのものを全否定するかのような猛威をふるい、多くの時計メーカーを倒産へと追い込みました。

1976年に誕生した「ノーチラス」は、機械式時計を不遇の時代から次の未来へと繋ぐために生まれた“時代の寵児”とも言うべき存在だったのです。

常識を覆す、天才ジェラルド・ジェンタの手腕

クオーツショックと大きな時代のうねりは、当然ながら腕時計の製造やデザインに多大な影響を与えます。

この時代に登場した主要メーカーの腕時計について調べていくと、当時主流であった2つのトレンドの存在が浮上します。

そのひとつは名門ブランドが苦渋の選択に迫られて手掛けていたクオーツ式の時計。もう一方は、当時の世相が色濃く反映された宇宙への憧れやスポーツとの親和性を感じさせるデザインです。

「ノーチラス」は後者に該当する不世出の傑作であり、パテック フィリップ史上初のスポーツウォッチとして産声をあげました。

この企画を成功に導いた立役者。その一人は同社の現名誉会長であり、マリンスポーツをこよなく愛するフィリップ・スターン氏。もう一人は、後に「20世紀屈指の天才時計デザイナー」と評価されるジェラルド・ジェンタ氏でした。

ちなみにこのモデル名は、美しい貝殻を持つオウムガイの呼称であると同時に、SF小説の開祖ジュール・ヴェルヌの『海底二万里』に登場するネモ船長の潜水艦の名称に由来します。

「ノーチラス」が革新的であった何よりの理由。それは、ステンレススチール製の自動巻きのスポーツウォッチでありながら、超名門パテック フィリップの名に恥じないエレガンスを兼ね備えていた点にありました。

当時の高級時計と言えば、ゴールドの薄型の手巻き時計が主流でしたから、「ノーチラス」のコンセプトを立証させるためには、あらゆる角度から常識を覆す実力が不可欠でした。

▶︎拡大画像表示ヴィンテージとしても評価が高いRef.3700/1A。人気に比例して、非常にレアであることから市場でお目にかかれる機会は実に稀。

 

斬新なコンセプトを見事に体現したファーストモデル

記念すべきファーストモデルRef.3700/1Aは、ジェラルド・ジェンタ氏が生み出したAUDEMARS PIGUET(オーデマ ピゲ)の「ROYAL OAK(ロイヤル オーク)」らと同じように、発売するや否や、業界を震撼させるほどの衝撃を与えました。

通称“ジャンボ”と呼ばれ、今では時計愛好家たちから絶賛されるコレクターズアイテムであるRef.3700/1Aは、デザイン・機能ともに、明らかに目を惹く特徴がありました。

真っ先に挙がるのが、2ピース構造のケースを固定するために設けられた 9時位置と3時位置のヒンジの意匠。このデザインは、遠洋汽船の窓に用いられていた完璧な防水を実現する開閉システムから着想を得たもの。その結果として得られたのは、当時としては驚異の120mの防水性能でした。

ステンレススチールの塊にエレンガンスを宿すための要となるのは、複雑機構の開発に比肩するほどの技術を要する、パテック フィリップが誇る世界随一の外装の仕上げにほかなりません。

サファイヤクリスタルに縁取られた8角形のベゼルは、表面はサテン仕上げ、カーブを描く面取された側面はミラー研磨と異なる2つの仕上げで施し、美しいコントラストを与えることに成功。これは強靭な構造としなやかな装着感を併せ持つブレスレットの仕上げにも共通する点です。

水平のエンボス模様が刻まれるブルーグレーの文字盤には、シンプルで力強い夜光付きの指針とインディックスを配置。ケースの迫力にも負けない独特の立体感は、このような創意工夫と緻密な計算によって完成しました。

前人未到の挑戦に等しいRef.3700/1Aの開発は、「世界で最も高価なタイムピースのひとつはスチールウォッチである」、あるいは「ウェットスーツにもタキシードにも完璧にマッチするタイムピース」という優れたキャッチコピーの相乗効果もあり、ユニーク極まりないコンセプトがわずか数年で浸透するという快挙を成し遂げました。

これは後に、「ノーチラス」のデザイン及びコンセプトが革新的でありながらも、時代を超越する普遍性を持ち合わせていたことを証明する結果へと繋がっていくのです。

▶︎拡大画像表示的を得たキャッチコピーが光る、1978年の広告キャンペーンのポスター。

>>「ノーチラス」生誕40周年を祝う
2つのアニバーサリーモデルとは?

Page 1/2

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 【PR】今こそ乗るべきBMW”6のクーペ"、その理由 2016.11.8 update
  • 【PR】編集長・干場義雅が提案 オンでもオフでも圧倒的に使える! 「着まわしコート」18のスタイル 2016.10.25 update
  • 【PR】FOREVERMARK × FORZASTYLE ダイヤモンドは永遠の輝き 2016.10.18 update
  • 【PR】モテたい・老けたくない・ハゲたくない40's必見! アンファー×FORZA「アンチエイジングの旅」 2016.6.13 update

SELLECT 10

ランキング

HOT TOPICS

SNAP