Web magazine for smart 40's

TOP > COLUMN
LIFESTYLE

40男の ”アガり” の逸品
第9回 レグロンのゴム製メッシュベルト

2016.9.21
2016.9.21

気軽に使えるベルトこそ、“背景”にとことんこだわる!

 これまでさまざまなモノを試してきた40代。審美眼が養われた今だからこそ、人生を豊かにしてくれるホンモノと出会いたい。そんなテーマをもとに、この連載では皆さまの生活の質を上げるアイテムをご紹介していきます。

至れり尽くせりの便利なアイテム

伸縮性のあるゴムで編み込んだ便利なメッシュのベルト。スーツやジャケパン、もちろんジーンズにも合わせられる汎用性の高いデザインに加え、どこにでもピンを差し込めるからサイズの調整も楽チン。何より伸び縮みする素材のおかげで締めつけからも解放されるので、たくさん飲み食いした夜ほどすがりたくなる(笑)。

多忙であることを言い訳に自堕落な生活リズムになりがちな我々にとって、これほど頼りになるアイテムはなかなか見当たりませんよね?

レグロンが格付けNO.1である理由とは?

この類いのメッシュベルトはさまざまなブランドからリリースされていますが、率直に言って、どのブランドもパッと見での差はさほどないかと思います。そこで推薦したいのが、フランスのL’AIGLON(レグロン)なるブランドの一品。

ベルト好きに知られるレグロンは、1889年創業のれっきとした老舗ブランド。しかも、エディンバラ公爵やモロッコ王、エジプト王に、ジョン・F・ケネディー元大統領まで、実に多くのセレブリティに愛用されてきたというお墨付き。ですから、いささか乱暴に聞こえるかもしれませんが、このベルトをセレクトした時点で「モノ選びにおける及第点が与えられる」と言ってもウソにはならないかと思います(笑)。

次に、よくよく老舗が老舗たる理由を考えると、定番商品、あるいはロングセラーと呼ばれるモノは大概、つけ込む隙がないほどデザインが出来上がっていることに気づきます。レグロンのベルトも然り。「引き算の美学」が感じられるノンシャランな佇まいは、腰に巻くだけで洗練された印象を演出してくれます。

つまり、他社とレグロンの製品との違い。それは、第一に歴史や伝統に裏打ちされた「ブランドとしての格」。そして、時代を超えて愛され続ける「普遍的なデザイン」にあります。まさに“リーズナブル”という言葉にぴったりのベルトなんですよね。

そもそもベルトは、見せびらかしたら最後、どんな高価なモノであれ、自慢にないないどころか、減点の対象になってしまうアイテム。しかも、どんなに誤魔化そうとしても、コレひとつでファッションの偏差値がバレてしまう難しさが付きまといます。

気軽に楽しめるゴム製のベルトだからこそ、手抜きをせずにしっかりとモノを選ぶ。そうすることで自然と着こなしが引き締まる。レグロンが持つ伝統の味は、そんな大人の嗜みを我々に教えてくれます。というワケで早速、この前大人買いしたベルトの中から好みの色を選んで、今日も街に繰り出すとしますかね。

Photo:Yozo Yoshino(TAKIBI)
Text:Jun Namekata(The Voice)

▶︎画像拡大表示安心のブランドによる、盤石のデザイン。オマケにカラバリも豊富だなんて言うことなし! 着こなしや気分に合わせて、色を使い分けてみるべし! 1万4000円(税抜)

【問い合わせ】
ユナイテッドアローズ 原宿本店 メンズ館
03-3479-8180
http://www.united-arrows.jp/

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 【PR】今こそ乗るべきBMW”6のクーペ"、その理由 2016.11.8 update
  • 【PR】編集長・干場義雅が提案 オンでもオフでも圧倒的に使える! 「着まわしコート」18のスタイル 2016.10.25 update
  • 【PR】FOREVERMARK × FORZASTYLE ダイヤモンドは永遠の輝き 2016.10.18 update
  • 【PR】モテたい・老けたくない・ハゲたくない40's必見! アンファー×FORZA「アンチエイジングの旅」 2016.6.13 update

SELLECT 10

ランキング

HOT TOPICS

SNAP