ハンバーガーメニューボタン
FORZA STYLE - 粋なダンナのLuxuaryWebMagazine
LIFESTYLE 女たちの事件簿

「虫退治はアンタの役目でしょ?」男女平等派なのに、ゴキブリ退治だけは押し付け…。イヤな家事から逃げまくる妻への「抑え難い違和感」

無料会員をしていただくと、
記事をクリップできます

新規会員登録
不倫や浮気、DVにプチ風俗……。妻として、母として、ひとりの女性として社会生活を営み、穏やかに微笑んでいる彼女たちが密かに抱えている秘密とは? 夫やパートナーはもちろん、ごく近しい知人のみしか知らない、女たちの「裏の顔」をリサーチ。ほら、いまあなたの隣にいる女性も、もしかしたら……。

電通総研が実施したジェンダーに関する意識調査によると、「家庭において男性の方が優遇されている」と答えた女性は調査対象者全体の約52%。

一方で、男性が約22%と、男女間で意識に大きな違いがあったという。
 

危機管理コンサルタントの平塚俊樹氏は家庭内での公平・平等についてこう語った。

「夫婦間では、家庭内での細々とした役割決めがうまく行かずに揉めごとに発展する場面も多いようです。ちょっとしたボタンのかけ違いから家庭内不和に繋がることもあります。

それぞれの家庭で険悪にならずに『対等感』を得るには、お互いの得手不得手も考慮した上での役割分担が必要です」

・・・・・・・・・・・・・・・

今回お話を伺ったのは結婚3年目の34歳会社員、宮下晴斗さん(仮名)。

「うちの妻の会社はリモートOKだったり残業がほぼなかったり、柔軟でイマドキな職場です。一方の僕の勤務先は老舗の製造業。残業が多かったり、先輩がまだ仕事しているから帰りづらいとかそういうのもあったり、だいぶ彼女とは違います。

でも、家事はしっかり折半。年収は僕の方が200万ほど多いですね」

妻の方が時間に余裕があり収入も自分の方が多いのに家事は完全平等、と説明する言葉の端々にトゲがある。

現状が不服なのだろうか?

「まあ、今どきは家事折半なんて珍しくないですもんね……すみません、でも本音を言うと、ちょっと家事負担の比重は考慮してほしい。労働時間とか作業内容の重さは、夫婦間で比較にならないほど差がありますし」



RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5