ハンバーガーメニューボタン
FORZA STYLE - 粋なダンナのLuxuaryWebMagazine
FASHION 恥をかかない。大人のスタイル講座

猛烈な暑さと日光でオジサンの肌は緊急事態!だからイケオジのスキンケアを真似しよう

無料会員をしていただくと、
記事をクリップできます

新規会員登録

あっというまに梅雨を通り過ぎて最高気温が35℃を超える日が続いています。今年は昨年以上の猛烈な暑さになりそうですね。

何もしていなくても気が付いたら汗ビッショリ、なんてこともしばしば。できるだけ清潔感は保ちたい……!と思っている人も多いのではないでしょうか?

そこで特に気を付けたいのは、です。

ただでさえ汗をかく季節なので、しっかりとしたスキンケアをしていないと、午後には肌がギトギトに……。ベタつきやテカりなんかは、清潔感からだいぶかけ離れてしまいますよね。

また、しっかりとしたスキンケアが出来ていないと大人ニキビができてしまうことも。

もはやスキンケアは身だしなみの一つであり、マナーと言っても過言ではありません!

そこで今回は、「うわ、このオジサン肌ギトギト……」なんて思われないために、毎日のスキンケア、特に基本的な洗顔をする上での3つの鉄則を紹介します!

①シャワー直当てはNG

©Getty Images

顔を洗うときに、シャワーを肌に直当てしている……というそこの貴方、NGです!

シャワーは水圧が強いので、そのまま顔に当ててしまうと刺激が強く、肌の負担になってしまうんです。

そのため、できるだけ手のひらに水をすくって洗うようにしましょう。どうしても面倒くさい……という人は、シャワーの水圧をかなり弱めにしてあげるだけでも大分違います。

また、温度も非常に重要です!

顔を洗うときの温度は32℃くらいのぬるま湯が理想的。40℃など高めの水温だと、肌の乾燥の原因になってしまいます。是非温度にも気を付けてみてくださいね。

②泡立てネットはマスト

©Getty Images

ペースト状の洗顔料をそのまま手のひらに広げて、ゴシゴシこするように洗うのはNGです。

ペースト状の洗顔料は、そのままでは洗浄力が強すぎて肌には刺激になってしまうんです。また、顔に直接手が当たるのも刺激になってしまいます!

そのため、泡立てネットでしっかりと洗顔料を泡立てて顔をやさしく洗うようにしましょう。やわらかめ、かつ水分量が多めの泡を作るのがコツです!

また、髪の生えぎわや耳の裏、耳の脇の洗い残しには要注意です。

©Getty Images

泡が残っているのを放置してしまうと、ニキビや肌荒れの原因になります。

洗い残しは絶対にしないように気を付けましょう!

③拭き取りはペーパーで

©Getty Images

洗顔後、水分を拭き取る際にはクレンジングタオルというペーパータオルを使用するのがおすすmです。

というのも、タオルというのは意外と目に見えない雑菌が潜んでいるもの。また、顔に小さなホコリや繊維が付くこともなく、ストレスもなくなります。

また、このときもゴシゴシこするのではなく、必ず優しく肌の表面についた水を吸い取るように拭いてあげるようにしましょう!

上から軽く手でポンポンとするだけでバッチリです。

 

いかがでしたか?

今回はスキンケア、その中でも特に基礎的かつ重要な洗顔のポイントについてご紹介しました。とにかく肌に負担をかけないように、優しく洗顔することが重要です。

これから本格的な暑い日が続きますが、3つのポイントをおさえて清潔感を保っていきましょう!



RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5