FORZA STYLE - 粋なダンナのLuxuaryWebMagazine
CAR 得するクルマ生活

GRやクーペもある!ダイハツコペンは生産終了する前に一度は乗っておきたい

無料会員をしていただくと、
記事をクリップできます

新規会員登録

■中古車相場は?

大手中古車販売サイトによると、全国のコペンの在庫数は1500台強(2023年5月現在)。初代と2代目の内訳はちょうど半々くらいで、初代のMTは200台ほど、2代目のMTは250台ほどとなっています。

限定200台のクーペは中古車相場も高値安定している

初代コペンは安いものだと20万円台という個体もありますが、程度の良いものを狙うなら50万円以上は見ておきたいところ。アニバーサリーエディションやアルティメットエディションの低走行車だと200万円程度の個体もあります。ボリュームゾーンは80万円〜140万円程度でしょう。

コペン GR SPORTのインテリア。本格スポーツモデルの風格がしっかり感じられる

2代目コペンは安いものだと70万円程度から。高いものでは、コペン誕生20周年記念のアニバーサリーエディション(1000台限定)など、いまでは新車で手に入らないモデルでは280万円程の値が付けられているものもあります。ボリュームゾーンは120万円〜180万円程度です。

 

■いま乗っておかないと後悔するかも!?

コペンが登場した2002年頃といえば、景気の後退によるスペシャルティカーの人気が低迷していた時期でした。加えて、ワゴンRやムーヴなど軽ハイトワゴンの人気も急上昇していたころで、コペンのようなオープンスポーツが爆発的に売れる要素はほとんどなかったといえます。それでもこうしてロングセラーが実現できているのは、誰でも気軽に乗れるというコンセプトを表現したデザインとメカニズムが、ユーザーに支持されているから。とはいえ、現行型も登場から9年。時代を考えるといま乗っておかないと後悔する一台かもしれません。

Text:Tachibana Kazunori,MMM-Production
Photo:DAIHATSU,TOYOTA
Edit:Ogiyama Takashi



RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5