FORZA STYLE - 粋なダンナのLuxuaryWebMagazine
CAR 得するクルマ生活

記録よりも記憶!創業55年ミツオカの歴代モデルには挑戦が詰まっている

安全装備や自動運転でますます高額化している現代のクルマ。上手に購入する方法は? さらに、所有してからも様々なトラブルやアクシデントが起きるのがカーライフ。それら障害を難なくこなし、より楽しくお得にクルマと付き合う方法を自動車ジャーナリスト吉川賢一がお伝えします。

クラシカルな雰囲気を漂わせた、個性的なモデルで、普通のクルマでは満足できないユーザーから熱狂的な支持を得ている自動車メーカー「ミツオカ」。2023年2月1日には創業55年を迎える老舗メーカーでもあります。代表的なミツオカのモデルや、現行ラインアップについてご紹介しつつ、なぜミツオカは、クラシカルなモデルをつくり始めたのかについても、触れていきます。

 

■アメリカでクラッシックカーのレプリカを見たことがきっかけ

ミツオカの創業者である光岡進氏は、自動車メーカーのディーラーマンでしたが、1968年2月に板金塗装や整備を行う「光岡自動車工業」を地元富山県で設立。その後「BUBU(ブブ)」という名称で中古車販売業を全国展開し、1979年には「株式会社光岡自動車」を設立しました。

その後、1982年2月には50ccエンジンを搭載したゼロハンカー「BUBUシャトル」を発表。自動二輪免許・原付免許で運転が可能だったBUBUは、その手軽さが支持され大ヒットしますが、1985年の道路交通法改正で、自動二輪や原付免許では運転ができなくなったことで、売り上げは激減。一時は製造工場を畳まなければならないほどの窮地に追い込まれたそうです。

そんななか、ミツオカは、アメリカ車の並行輸入を開始。光岡氏が視察に訪れたアメリカで、クラシックカーのレプリカに興味を持ったことがきっかけで、レプリカカーの製造を手がけるようになり、1987年7月に「BUBU・クラシックSSK」を発表。1920年代の名車、「ベンツSSK」を現代に甦らせたレプリカモデルとして話題をよびました。

往年の名車「ベンツSSK」のデザインを現代に甦らせた「BUBU・クラシックSSK」。ベースはフォルクスワーゲン「ビートル」だ


RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE