FORZA STYLE - 粋なダンナのLuxuaryWebMagazine
説明しよう! 妄想ドライブとはヴェテラン モータージャーナリスト・ノリシゲセイイチが「このクルマにのったら、こんなことをしたい。こんなところに行きたい。この街道でぶっ飛ばしてチャンネーとこんなことがしたい!」と妄想の世界に遊ぶ気絶コラムである!

カスタマーの選択は意外と実直だった!?

一般社団法人日本自動車販売協会連合会が年始に発表した統計データによれば、軽自動車・輸入車を除く乗用車の2022年の販売台数(新規登録車)は2,563,184台でした。この数字、資材不足が顕著化した昨年とはいえ前年比−8.3%。景気判断は難しいのですが、昨今の納期の長期化を思えば本来はイーブンかもしれません。

一方、人気市場の軽自動車は−0.9%の落ち込みで、コチラは単純に資材不足による減産の結果かもしれません。ちなみに軽自動車No.1(乗用タイプ)は202,197台(前年比107.0%)でホンダN-BOXが玉座に。2位のダイハツ・タントが107,810台であり、まさにブッチ切り。

さて、乗用車の話題に戻ります。今回は最初に6~10位をサクッと発表し、続いてトップ5を検証してみます。

●2022年年間ランキング
6位 ホンダ フリード 79,525台(前年比114.3%)
7位 トヨタ アクア 72,084台(前年比99.4%)
8位 トヨタ シエンタ  68,922台(前年比119.2%)
9位 ホンダ フィット 60,271台(前年比102.5%)
10位 トヨタ アルファード 60,225    台(前年比63.4%)

昨夏に受注ストップのアルファードがトップ10入りとは驚きですね。まさにミニバンの王者。それでは2022年は何が一番売れた日本車なのか? 1~5位+1を見ていきましょう。



RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE