FORZA STYLE - 粋なダンナのLuxuaryWebMagazine
FASHION こじラグ

【冬場はジーンズより圧倒的に快適!】柔らかい穿き心地で暖かい、極上シープスキンの革パンとは?

自分が本当にイイと思う、一流品を買い集めていたら、無類の服好きが集まっているはずの編集部内でも「買い方がおかしい」「こじらせてる」と。自分じゃ、至極普通だと思っていたのに…。ホントにこじらせているのか確認すべく、自分が買ってきた愛しい服達を紹介していく企画「こじラグ(※こじらせラグジュアリー)」を始動させます。これがお買い物の参考になるかはわかりませんが…、世の買い物ジャンキーたちを安堵させられたら本望なのです(笑)。

なぜ、いま穿いてる人が少ないのか…? じつはメチャクチャ使えるのに

さて、295回めの自腹買いは、RUFFO(ルッフォ)のレザーパンツ a.k.a. "革パン"です。

意外と聞き馴染みがないかもしれませんが、RUFFOは1966年にイタリアで創業したレザーウェアブランドで、多くのメゾンに高品質なレザーを提供していたファクトリーとしても知られます。

また、1998年にはRUFFO RESERCH(ルッフォ リサーチ)というレーベルをスタートさせ、ラフ・シモンズ&ヴェロニク・ブランキーノのカップル、A.F.ヴァンデヴォースト、ハイダー・アッカーマン、リカルド・ティッシといった名だたる先進的なデザイナーを招いて、シーズンごとにコレクションを手掛け、大きな話題を集めました。

そんなブランドの"革パン"が、あるショップの最終セールで とんでもない価格で投げ売りされていたので、救出的な意味も込めて清水ダイブ! 昨今、レザーパンツって人気ないんですかね??

ちなみに、自分にとって"革パン"との出逢いは、また最近人気が再燃している agnes.b(アニエス・ベー)の羊革のもの。それまで怖いバイカーの先輩たちが穿いていた、ハードな牛革のバンソン(VANSON)なんかとは全然別物で、フランスのエスプリが効いているっていうか、ファッションな"革パン"でした。

そのせいあって、藤井フミヤさんや藤原ヒロシさんを筆頭に、ファッション関係者の多くも こぞって穿いてました。確か牛革のも展開があったんですが、そちらが6万円くらいだったのに対し、羊革は大台に乗っていて、それこそ清水ダイブして手に入れたのを覚えています。

暖かくて柔らかくて履き心地も最高だったんですが、柔らかいが故に あっという間に膝が出る…。脱ぐ度に積み上げた雑誌の間に挟んで健気に戻していたのも、今では良い思い出です。

では、話をクルリンパと戻して…



記事をクリップ

無料会員をしていただくと、
記事をクリップできます

新規会員登録

TAGS


あなたにオススメ



COMMENT

ログインするとコメントを投稿できます。

連載 こじラグ

連載をクリップ

カテゴリー FASHION

RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE