FORZA STYLE - 粋なダンナのLuxuaryWebMagazine
FASHION NEWS

エルメスのものづくりの楽しさが伝わってくる、エルメス初の絵本が講談社から発売

すべての子どもたちと、かつて子どもだったすべての大人たちへ贈る絵本

エルメスが、絵本や児童書を数多く手がけ、高い評価を得ている絵本作家の100%ORANGEとともにエルメスの初めての絵本『エルメスのえほん おさんぽステッチ』を制作。作者の100%ORANGEが描き出した物語は、まさにエルメスの日々のものづくりそのもので、クラフトマンシップにあふれる世界です。

エルメスのクリエーションの精神がビジュアルと文で伝わってくる

1837年の創業以来、ものづくりにおいて「耐久性」「品質」「継承」という価値観のもと、それらを若い世代と共有することを目指してきたエルメス。絵本『エルメスのえほん おさんぽステッチ』を開くと、エルメスならではの想像の翼を広げ、夢をたずさえ、遊び心を忘れないことが伝わってきます。

©100%ORANGE/Hermès/KODANSHA

物語の主人公は小さなお店を切り盛りする職人のおじさん。おじさんは針と糸、革や布など、道具と素材を巧みに使って、いろいろなものをつくりあげる達人です。そんなおじさんのもとに、ある日、一匹の犬がやってきました。犬のたってのお願いをおじさんは優しい気持ちで叶えてあげます。

©100%ORANGE/Hermès/KODANSHA

すると、犬はおじさんを散歩に連れ出します。ふたりは行く先々で動物に出会い、そのたびにおじさんは動物たちの願いのために手を動かし、ぴったりの、そして願いを超えて素敵なものをつくりあげていきます。動物たちはみんな大喜び。そして……。

オレンジがアイコンのエルメスと、100%ORANGE

物語の創案と挿画の両方を手がけたのは、東京を拠点に活動する、及川賢治氏と竹内繭子氏によるユニット100%ORANGE。彼らは、「ものをつくる喜びを伝える“絵本”を作りたいとエルメスから聞いたとき、私たち自身も絵を描く職人のようなものと思っていたので、すんなりと、そして深く共感できました。フランスでエルメスの工房を巡りましたが、どの工房でも長い伝統や歴史を持ちつつそこに新しさや軽やかさがまじりあっていることにとても刺激を受けました。人と人、人とものとの親密なありようが、絵本の中にも表れていると思います」と語ります。

©100%ORANGE/Hermès/KODANSHA

クラフトマンシップの意味を凝縮し、エルメスの本質を次世代に伝えるような絵本『エルメスのえほん おさんぽステッチ』は、喜びのストーリー。シーズンギフトにもピッタリです。

『エルメスのえほん おさんぽステッチ』
作:100%ORANGE 講談社刊
装丁:名久井直子
企画:エルメス
2022年11月24日(木)全国書店で発売
(地域によって数日異なる場合がございます)
A4 変形判 32 ページ 定価:本体2400 円(税別)
ISBN 978-4-06-529618-9



RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE