FORZA STYLE - 粋なダンナのLuxuaryWebMagazine
FASHION NEWS

ポストオーバーオールズが中目黒で買える。国内2店舗目の旗艦店がオープン

コレクションのフルラインナップはもちろん、デッドストックや限定アイテムも展開

ヴィンテージのワークウェアや、ミリタリー、アウトドアの機能を備えた服好きが愛用するブランド、POST O’ALLS(ポストオーバーオールズ)が来年創業30周年を迎えるにあたり、国内2店舗目となる旗艦店「Post O’Alls NAKAMEGURO」を中目黒川沿いにオープン。デートや会食の前にふらっと寄れるロケーションも最高です。

新たな拠点を軸に、ブランドの世界観を豊かに表現

ポストオーバーオールズを手がけるデザイナーの大淵毅氏は、1993年よりアメリカ・ニューヨークで活動し、2018年から日本に拠点を移動。2019年に、同氏が生まれ育った町から近かった高井戸に国内初の直営旗艦店(現在は一時休業中)兼アトリエを構えました。

中目黒は、大淵氏がニューヨークに住んでいた頃、帰国するたびに最もよく行った思い出深いエリアで、今回新たな拠点を軸にポストオーバーオールズを表現。

内装は、1940~50年代のアールデコっぽいカリフォルニアのムードとインダストリアル感をミックス。店内奥の壁には、同氏の好みを反映したナチュラルカラーに塗装されたメープルの杢材を配置。什器はHeywood Wakefieldの家具をイメージさせる明るい色目で仕上げ、その他の塗装部分にはインダストリアルなグレー系のカラーを採用しています。

新たな旗艦店オープンの記念限定アイテムに注目!

ポストオーバーオールズ中目黒のオープン記念限定アイテムは、90年代の名作モデルをバージョン2に変更し、昨年登場した「デラックス・レイルローダー2」と、93年のブランドデビュー時よりラインナップしているダブルニー仕様のパンツを、2022年仕様にアップデートさせた「イージー・ディーエヌディー」の限定モデルが登場。

カバーオールは、2021年に久々に復活を遂げた90年代の名作「デラックス・レイルローダー」をベースに、バージョン2にリデザイン。1910年代頃のレイルローダー用のデラックスサイズのカバーオールをデザインソースに、着丈短めのボックス型のシルエット、散りばめたVステッチ入りポケットなど、今では失われたディテールをポストオーバーオールズらしく再編しています。

変更点は左胸のポケットで、ブランド初のカバーオールとして登場した「Railroader’s Jacket」の味わい深いデザインとステッチワークを持つポケットを移植。

ショップスペシャル・バージョンは、過去に高評価だったヘリンボーン・デニムのネイビー色(縦横ダブル・インディゴ糸)を、ライニング無しの仕様でオーダー。着込むほどに味わいを増す、深いインディゴの色味が魅力的な長く楽しめる一着に仕上がっています。

Post O’Alls NAKAMEGURO Special

パンツは、イージー系パンツの今季の新型イージー・ディーエヌディー。ブランドデビュー時からラインナップしていた、フロントに同素材の大型の当て布が付くダブルニー仕様のパンツをイージー化。

ショップスペシャル・バージョンは、ギャングスターストライプでオーダー。ブルーデニムに匹敵する、着込むほどにインディゴ・ブルーの色落ちが楽しめて、ありそうでなかった、堅そうでユルい独自のバランス感が新鮮です。

旗艦店限定カラー、E-Zシリーズのブラックも必見!

今シーズンの「E-Zカットソー」のシリーズは、グルービーなベロア素材で展開。デザイナーのベロアのイメージである、70年代のサーファーたちが着ていたポロシャツやショーツから、80年代以降のアメリカ向けFILAのセットアップなどがインスピレーション源で、リラックスしたムードの中にも都会的な遊び心が感じられます。

Shop Special “Velour Black”

ショップでは、ホテルのキーホルダーをイメージした小物を限定発売。3万3000円以上購入した人に先着順で、ノベルティとして手ぬぐいをプレゼントしています。

Post O’Alls NAKAMEGURO(ポストオーバーオールズ中目黒)
東京都目黒区上目黒1-5-10 中目黒マンション105
03-6303-2160
営業時間:12:00~19:00
不定休
https://postoveralls.com/



RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE