FORZA STYLE - 粋なダンナのLuxuaryWebMagazine
CAR 美女とタヌキの新車でGO!

買った人に聞いてみた。新型ランクルはGRスポーツが賢者の選択だった。

ランドクルーザーは世界に通じる大人の勝負服だ!

受注ストップの人気モデル300系ランドクルーザー(以下、ランクル)のユーザーカーに乗ってきました。

新型ランクルの正式発売日は2021年8月2日。ハンコ押して事前発注掛けたのは2021年6月2日。そして納車は2022年8月のお盆前。これから発売される人気モデルを狙うなら、いかに事前受注開始のタイミングを逃さないことが重要か、おわかりいただける実例かと思います。
 

撮影車両は新車転がしの名人として当企画ではおなじみのMAD平塚氏のGRスポーツ(ガソリン車)。新型ランクルはガソリン車5グレード、ディーゼル車2グレードというラインナップです。なぜGRのガソリン車にしたのか?

「ディーゼルは標準車の最上級グレードZXとGRスポーツの2モデルすが、どちらを買おうが乗車定員が5名登録なんです。その点、ガソリン車はエントリーモデルのGXを除き基本的に3列シートを備えた7名乗車なんです。標準車とGRスポーツで選択を悩みましたが、より本格的な走行性能を重視してGRを選びました」という。なるほど。

「だけど人気ある内装色はブラックではなくベージュ系なんですよ特に海外で。現状の残価率は若干ですが標準車がよく、この先はわかりませんが、実際の下取り査定は希少性を含めGRスポーツが有利と踏んでいます。いずれにせよ、世界的人気車なのでリセールバリューは抜群です」。

【ランドクルーザー GR SPORT】※撮影車両
全長×全幅×全高:4,965×1,990×1,925mm
ホイールベース:2,850mm
サスペンション(前後):ダブルウィッシュボーン / トレーリングリンク
最低地上高:225mm
最小回転半径:5.9m
プラットフォーム:GA-F

早速、乗ってみましょう。シフトレーバーをスッとDレンジに入れクリーピングで動き出しアクセルを踏みます。この時、電動式のパーキングブレーキは自動で解除され静々と車体がスタートするのですが、最初のひと転がり(およそ一車身分)から味わい濃厚。滑るようにクルマが進みます。この感触を例えるなら、高級ハンドメイドキャリバーのリューズを巻き上げる感覚に近く、まったく濁りを感じません。ひたすら滑らか。

ロケ地に選んだ三浦半島南部の海岸線の道は視覚的に狭く、また、対向車線のクルマとの擦れ違いも気になるのですが、ランクルの全幅1990mm(ミラー含まず)をあまり意識することなく走らせることができます。GRスポーツの装着タイヤは18インチであり、標準車が装着する20インチとはタイヤのエアボリュームが異なりますが、ステアリングフィールはよくできたラグジュアリーセダンのように、しっとりかつ乗員が不快にならない程度にクルマの動きを変えてくれます。ユッサユッサした200系とは別モノの雰囲気。

エンジンフィールはさすがガソリン車というか、レクサスLSのガソリン車と同じ3.5LのV6ツインターボエンジンV35A-FTS型を搭載しますので、チューニングは異なっても高精度を感じさせるフィールに変わりはありません。トランスミッションは10速ATですが、シームレスに変速していくので、もう何速を使っていようがどーでもいい感じ。エンジン、トランスミッション、サスペンションと統括制御するその一体感に、ただただ感心します。GRスポーツ恐るべし!

現在受注停止中とはいえ、再開時にロケットスタートが決められるよう、現在の仕様でバイヤーズガイド的に悩んでみます。貴方の選択はガソリンorディーゼル? 標準車orGRスポーツ? まずは現時点のパワースペックと価格から確認しましょう。

【ガソリン車】
エンジン:3.5L V6ツインターボ 
最高出力:305kW(415ps)/ 5200rpm 
最大トルク:650Nm / 2000-3600rpm
WLTP総合(km/L):7.9 / 8.0
オイル交換容量:7.3L
タイヤサイズ:265/65R18
乗車定員:7名(GXのみ5名)
価格:GX 510万円 / AX 550万円 / VX  630万円 / ZX  730万円 / GR SPORT 770万円

【ディーゼル車】
エンジン:3.3L V6ツインターボ 
最高出力:227kW(309ps)/ 4000rpm
最大トルク:700Nm / 1600-2600rpm 
WLTP総合(km/L):9.7
オイル交換容量:6.6L
タイヤサイズ:265/55R20
乗車定員:5名
価格:ZX 760万円 / GR SPORT 800万円

生死を分けるクロスカントリー系の走破性を備えた骨太のSUVといえば、軍用車起源のメルセデス・ベンツGクラス、元祖ラグジュアリーSUVのレンジローバー、ラングラーとグランドチェロキーの2枚看板で迫るJeepぐらいしか思いつきません。このマーケットに属するのがトヨタ・ランドクルーザーであり、驚くべきは世界最高峰のSUVに510万円から乗れること。いまやジープ・ラングラーさえこの値段じゃ買えません。



RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE