FORZA STYLE - 粋なダンナのLuxuaryWebMagazine
FASHION

まんまビンテージ!ユニクロのモールスキンワークジャケットをスタイリストが検証してみた

ユニクロでは軽めのアウターが店頭に並び始め、羽織りモノが気になる今日この頃。今回はユニクロのライトアウターの中で特に出来の良かったアイテム『ユーティリティジャケット』に注目しました。昨今の有名ブランドとのコラボかと思う程の完成度に驚きました。

見た目は今が旬のミリタリー&ワークテイスト。そして、生地がモールスキンという事で完全にストライクゾーンど真ん中でした。早速購入してきましたのでチェックといきましょう! 果たしてその実力は?

4990円/ユニクロ

こちらが今回4990円で購入した、お得度No.1の『ユーティリティジャケット』です。前身頃は超ド定番である3パッチポケットに、着脱し易い大きい5つボタンの本格ワークジャケット仕様。ゆったりと着れる身幅と太めのアームホールが丸みのある旬のシルエットを作ります。トップボタンを外した時の襟の折り返しのバランスも良く、ワークジャケットとして完成形といえるでしょう。

外側のポケットに加えて、何かと便利な内ポケットもしっかりと搭載。カチッとしたジャケットではアタリを気にしてポケットに物は入れづらいですが、ワークジャケットはヘビーデューティーに扱うのが醍醐味! ポケットが深くて大きいのはデザインでは無く実用性。クタクタになるまでガシガシ使いましょう。

袖口はシンプルな筒袖仕様。ワークジャケットは本来作業着なので、袖口が汚れないように短めに設計されています。ちょうど手首の位置がベストなので、少し短く感じても気にせず着倒すことで馴染んでくるでしょう。

生地は、昨今のトレンドでもあるEUROビンテージで価格が高騰している"モールスキン“です。光沢と滑らかな肌触り、そして何よりタフな生地という事が特徴です。程よくユーズド加工されていて雰囲気は申し分ありません!



RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE