FORZA STYLE - 粋なダンナのLuxuaryWebMagazine
FASHION NEWS

「トップガン」で 大流行したMA-1。トムクルーズは劇中で着ていなかった?

定番化した今、いつ着るの? やっぱり今しかないでしょ!

先月からスタートした「干場編集長のスタイルクリニック」略して【スタクリ】。第6回目となる今回は、フライトジャケットの名作MA-1。季節的にはまだ早いですが、あの映画の影響からか先買いする人が増えている模様。クーラー対策用として、今から手に入れておくのもオススメです。

話題の映画『トップガン マーヴェリック』です。トム・クルーズのキャリア最高額の興行収入を叩き出したそうですが、折しも昨今は往年のアメカジブームの真っ只中。この映画のオリジナルで有名になったのが、あの有名なミリタリーアイテムです。

「フライトジャケットにおいて最も有名と言って過言じゃないのがMA-1。アメリカ空軍の象徴的存在ですが、気をつけて頂きたいのが映画「トップガン」には出てこないということ。マーヴェリックは、アメリカ空軍じゃなくアメリカ海軍所属のパイロットなんです。よく勘違いされるのですが、マーヴェリックが着ているのはMA-じゃなくG-1もしくはCWU-36/Pですから!」

映画「トップガン マーヴェリック」を鑑賞した興奮が収まらず、テンション高めにはじまったフライトジャケット講釈。肝心のオシャレに着こなすコツはと言えば。

「ポピュラーなのはセージグリーン。ミリタリーらしさを楽しむなら打ってつけですが、もう少し都会的に着るならブラックやダークネイビーがオススメです」

干場スタイルお馴染みのモノトーンでまとめれば、無骨なミリタリーも一転してスタイリッシュに。

「シルエットも同様。中綿が入っていない細身のタイプを選ぶと、シャープに見えます。ただし、セージグリーンで中綿入りのいわゆる定番も、決してダメじゃないんです。思いっきりミリタリー感を楽しみたいなら、全然アリです」

とは言え、合わせるアイテムについては、さすがにザ・アメカジなものは避けたほうが無難とか。

「例えばネルシャツにインディゴブルーのジーパンなど。昨今往年のアメカジ人気が再燃しているとは言え、さすがにハマり過ぎて野暮ったく見えます。インナーはシンプルに白Tシャツ、パンツはブラックジーンズですっきりと見せたいところです」

90年代ストリートから火がついたMA-1リバイバルもすっかり定番化したとあらば、秋シーズンに向けて先買いしておいて損はなし。むしろ、トップガン熱が高まっている今こそ、買い時と言ってもいいかも知れませんね。

「干場編集長のスタイルクリニック」はYouTubeとの連動企画になっています。動画でさらに詳しく解説しているので、そちらも是非チェックを!

 

MooRER/ムーレー

らしさを残しつつも、都会的にモディファイ

MA-1ジャケット13万2000円/ムーレー(コロネット)

Tシャツ2万4200円、ベルト14万3000円/ともにフィクサー(アルト エ デリット)、デニム3万8500円、ブーツ参考商品/ともにマインデニム(マインド)、時計109万4500円/ブライトリング(ブライトリング・ジャパン)、リング8万4700円/マークマホーニー×ビルウォールレザー(S.O.S fp 恵比寿本店)、レイバンのサングラス/干場編集長私物

アームのユーティリティポケットがしっかりとMA-1であることを誇示しつつ、細身でブラックとあってミリタリーな無骨さがないムーレーのコレッリ。中綿がないので、秋口のライトアウターとして、またクーラー対策としても活用できますよ。



RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE