FORZA STYLE - 粋なダンナのLuxuaryWebMagazine
FASHION オトナの”鉄板定番”ベスト

渋くてゴツくてカッコいい。ベル&ロスのBR 03が男の色気を盛ってくれるワケ。

男を惹きつけてやまない定番の魅力。しかし、定番ゆえに見過ごし、定番ゆえに買い逃してはいませんか? 知ればあなたの人生を必ず豊かにしてくれるFORZA厳選の「鉄板定番」を、あらためて紐解きご紹介します。

カジュアルもモードもこなす、男のツボを刺激するミリタリーウォッチ

第470回目は、ベル&ロスのBR 03です。

「BR 03 マットブラック」ケース径42mm、マットブラックセラミックケース、100m防水、自動巻。47万8500円/ベル&ロス(ベル&ロス 銀座ブティック)

いつの時代も、いくつになっても変わらずに、男心を刺激するミリタリー。アパレルはもちろん時計もその一つ。パイロットウォッチの雄である「ベル&ロス」の名作も惹かれずにはいられません! しかも、普段使いにも適したソリッドなモノ作りは、今ファッションウォッチとしても注目を集めているんです。

1994年に創業し、まもなく30周年を迎える同ブランド。いわゆる高級時計ブランドに比べると若手に位置しますが、それでも言わずと知れたハイブランドに名を連ねるんですから、その手腕は見事。角型時計で名を馳せ、今やそのルックスだけでベル&ロスと分かる鉄板の地位を築いています。ベル&ロス人気に火をつけた立役者の一つが、こちらの「BR03」。

プロのパイロットが飛行中でも容易に確認できるようにと視認性の高さを追求。大きなブラックの文字盤にホワイトの時分針とインデックスがそれを実現し、スーパールミノバ加工が夜間での視認性も向上。マットブラック仕上げのケースと反射防止サファイアクリスタルの採用により、光の反射で文字盤が見えないなんてことも皆無。極限まで視認性を高めた作りのためか、ルックスは至ってシンプル。カジュアルシーンで存在感を示すミリタリーウォッチですが、ソリッドな本作ならドレッシーな場面でも活躍しそう。

スマホが主流になり時計離れなんて言われる中、時刻確認という時計本来の在り方を追求し続けた潔さと、アクセサリーとして重宝するアイコニックなデザインは流石。男の格はもちろん洒落感もアップデートする逸品は、時計好きならずとも持つべきかと。

「BR 03-92 ダイバー」ケース径42mm、SSケース、300m防水、自動巻。49万5000円/ベル&ロス(ベル&ロス 銀座ブティック)

BR 03シリーズから初の角型ダイバーズウォッチとして、2017年に誕生したのがこちら。上のモデルの3倍もの気圧防水性を誇り、圧力を考慮したねじ込み式やリュウズガードなど随所にダイバーズに最適な機能的デザインが。プロも唸る本格派とは言え、ルックスは実に都会顔。洗練されたモダンな装いとも好相性です。

「BR 05 ブラック スティール」ケース径40mm、SSケース、100m防水、自動巻。60万5000円/ベル&ロス(ベル&ロス 銀座ブティック)

ハイジュエリーなブレスレットの如く、ケースとベルトが一体化したデザインが魅力の「BR 05」。ミリタリー由来の堅牢な機能性はそのまま継承しており、アクティブシーンも難なくこなします。大人のエレガンスを演出しつつも、適度に丸みを感じさせるフォルムが柔和な印象付けにも一役買ってくれます。

Styling:Takahiro Takashio
Text:Hayato Hosoya

【問い合わせ】
ベル&ロス 銀座ブティック 03-6264-3989



RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE