FORZA STYLE - 粋なダンナのLuxuaryWebMagazine
WATCH 【腕時計羅針盤】

夏のボーナスで狙いたいオンオフ万能高級時計4選【オメガ、グランドセイコー、IWC、ザ・シチズン】

みなさん、こんにちは。

腕時計羅針盤、RYです。

6月も中盤を折り返しということで、いよいよ夏のボーナスの時期が近づいてきましたね。

先日ふと気になって、2022年夏のボーナス支給平均額を調べてみたところ、とある調査によると上場企業の平均支給額は約76万円、対前年同期比で6.5%の増加となっているようです。

実際の手取り額は支給額よりも低くなってしまうとは思いますが、今回はざっくり予算70万円で買える腕時計の中で、オンオフ使いやすいオススメ万能時計を4本、インスタグラムの#腕時計魂のポストの中からピックアップして紹介したいと思います。

それでは行ってみましょう!

1. オメガ シーマスターアクアテラ150M

@watchfun2020さんの#腕時計魂のポストより

オメガと言えば、NASAのアポロ計画で月面着陸に帯同された”ムーンウォッチ”ことスピードマスター、そして”ジェームズ・ボンドウォッチ”のダイバーズウォッチ系が有名どころでしょう。

しかしオメガの中で最も汎用性が高く、万能な腕時計はどれか?と問われれば、私はこの「シーマスターアクアテラ150M」を真っ先に挙げたいと思います。

アクアテラはスタイリッシュな3針スポーツウォッチでありながら、防水性が150mと安心感が高くビジネスシーンからアウトドアまで幅広く活躍できる腕時計です。

加えてオメガの代名詞でもあるコーアクシャル・マスタークロノメーター・キャリバーは、時計界随一の超高耐磁性能(15000ガウス)を誇り、身の回りに蔓延る磁気の心配から解放してくれます。

さらに精度は日差0秒〜+5秒という高精度を誇り、オーバーホールの周期は従来の2倍というハイスペックさも見逃せません。

ちなみにサイズ展開も41mmと38mmの2種類の展開があり、腕の太さに合わせて選べる点も嬉しいですね(私は腕周り15.5cmで、38mmサイズがぴったりのサイズだと感じています)。

まさに、現代における最強の万能ウォッチといっても過言ではない1本だと思います。

2. IWC パイロット マークXVIII

@mirai888_styleさんの#腕時計魂のポストより

IWCのパイロットウォッチ マークXVIIIもオンオフ使いやすい万能腕時計として考えられる腕時計だと思います。

IWCのパイロットウォッチのルーツは1930年代後半に英国空軍に収めていたパイロットウォッチにまで遡り、数々の実戦経験を積んできた”リアルファイターウォッチ”と言えるでしょう。

スペックだけ見れば、このマークXIIIよりも高い精度や防水性を備えた腕時計は他にもありますが、瞬時の視認性においてはこの腕時計の右に出る時計はなかなかないと私は思います。

清々しいほどに無駄を排した文字盤デザイン、両面反射防止加工を施した風防、瞬時の判読性に優れるアラビア数字、スッと伸びたシャープな針など、その全ては瞬間的な視認性を高めるためにブラッシュアップされてきたのだと考えられます。

腕時計を正面から見にくい場面(例えば商談中やドライブ中など)でも、最小限の視線移動で時間を読み取れるのでこの視認性の高さは重宝するでしょう。

元はミリタリー出身の腕時計ですが、非常にシンプルで品のあるデザインであることと、ケース厚が11.0mmと薄いことから、カジュアルシーンはもちろんのことビジネスシーンでも使いやすい1本です。

3. グランドセイコー SBGA375

@mirai888_styleさんの#腕時計魂のポストより

グランドセイコーの腕時計はスペックが高く、シンプルでキレイめな腕時計が多いのでオンオフ使いやすい万能時計が多くなっています。

どのモデルもおすすめなのですが、今回はこちらのSBGA375をピックアップしたいと思います。

SBGA375のデザイン面での大きな特徴は、グランドセイコーが継承するデザイン理念「セイコースタイル」の礎となった44GS(1967年発売)のデザインを現代解釈した「44GS現代デザイン」を採用していることでしょうか。

私はオリジナルの44GSを持っているのですが、本当にどの角度から見てもキラッキラと宝石のように光ります。あまりの煌びやかさに「これが本当にステンレススチールなのか?」と思うほどです。

シンプルなデザインでありながら外装クオリティは突出したものがあるので、その所有感はとても高く、時間を確認するつもりが思わず腕時計自体に見惚れてしまうと思います。

ムーブメント面では、唯一無二の「スプリングドライブ」という機械式とクォーツ式のハイブリットムーブメントを搭載しており、平均月差±15秒(日差±1秒相当)という驚異的な精度を実現しています。さらに、流れるような”スイープ運針”も独創的です。

文字盤カラーは限りなく黒に近いミッドナイトブルーで、スーツにも私服にも合わせやすくオンオフ活躍してくれる腕時計となるでしょう。

4. ザ・シチズン NC0200-90E 

@kuro_r32さんの#腕時計魂のポストより

ザ・シチズンは1995年に誕生した、シチズンの高級ラインのブランドです。

ラインナップとしては、世界最高精度を誇る「年差1秒エコ・ドライブ」をはじめとする光発電時計やクォーツ式時計が充実しており、特に精度に関しては世界でも抜きん出た実力を持つブランドです。

そんなザ・シチズンから2021年、11年ぶりに新作機械式ムーブメントを搭載したモデルが誕生したことは、間違いなく2021年の時計界のビッグニュースのうちの一つだったと思います。

その2021年に誕生した機械式ムーブメント「キャリバー0200」を積んだNC0200-90Eは、外装・ムーブメント共に素晴らしく、万人におすすめしたい高級国産腕時計に仕上がっていると思います。

電鋳手法によって表現した砂地模様が特徴のブラック文字盤と、美しく輝く外装のコントラストが互いにその良さを引き立てあっており、凛としてスタイリッシュな印象です。

さらに、光の約99%を透過させるガラスのコーティング技術「クラリティ・コーティング」が凄まじく、公式HPの表現通り”ガラスが存在していないかのよう”で、これには驚く方も多いと思います。

精度は日差−3秒〜+5秒とクロノメーターを上回る精度で、サイズはケース径40mm、厚さは10.9mmとドレッシーなサイズ感をキープ。ハイレベルな実用スペックと、スタイリッシュなデザインでオンオフ使いやすい腕時計です。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は夏のボーナス70万円で買いたいオンオフ万能な高級時計4選ということで書かせて頂きました。

もう一度まとめると、

1. オメガ シーマスターアクアテラ150M
2. IWC パイロット マークXVIII
3. グランドセイコー SBGA375
4. ザ・シチズン NC0200-90E

でした。

いずれもスーツでも私服でも使いやすいデザインとスペックを兼ね備えており、これ1本で日常生活のほとんどをカバーできますし、とても長く使えるのでおすすめです。

気になるモデルがあった方は、お近くのショップへ実機を見に行ってみてくださいね。

それではまた!ありがとうございました。



RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE