FORZA STYLE - 粋なダンナのLuxuaryWebMagazine
CAR Dr.ノリシゲの妄想ドライブ

特選スクープ2本立て。メモリアルな日産GT-R2023年モデル爆誕!? と新型クラウン続報。

説明しよう! 妄想ドライブとはヴェテラン モータージャーナリスト・ノリシゲセイイチが「このクルマにのったら、こんなことをしたい。こんなところに行きたい。この街道でぶっ飛ばしてチャンネーとこんなことがしたい!」と妄想の世界に遊ぶ気絶コラムである!

俺たちは待ってるぜ。GT-Rカモーン!

スペックなど不明点は多いのですが、日産GT-Rに2023年モデルは存在します。ウワサレベルではエクステリアの刷新や出力アップの情報も飛び交いますが詳細は依然として不明。グレード展開や生産台数もわかりません。しかし、爆誕情報確定となればこの夏にも訪れるであろう正式アナウンスが待ち遠しい。

2022年モデルの抽選がハズレた方々は「もはやこれまで」と涙したに違いない。お察しいたします。しかし! NISMOやトラックエディションは早々に売り切れましたが、じつは細々と受注→休止→受注→2022年5月正式ストップと、フツウのGT-Rはカスタネットのごとく販売されていた。コレを聞いて「おいおいマジかよ!」と思ったのはワタシだけではハズ(泣)。

さて肝心要の2023年モデルです。消息スジに食い下がってアレコレ聞いてみた。「まだ確定じゃない部分もあるしムニャムニャニャ」と惜しいところで口を閉ざす。この先は妄想するしかないのですが、R35型GT-Rのメモリアルな最終モデルだけに、2022年モデルとまったく同じ仕様で生産するとは思えず。きっと15年の歴史を締めくくるモデルとなるに違いない。

ただし、購入は狭き門となること間違いなし。そもそもGT-Rはハンドメイドな部分が多く、また昨今の半導体不足が響いている。フツウのクルマでさえ工場稼働率50%などカワイイもので通常ラインさえ止まる有様。おまけに部品を供給するサプライヤーはスペシャリストばかりと特殊案件。「何台作れるかわからない」と本音をこぼす。別れ際「頑張ってください。クルマ馬鹿は待ってますよ」の言葉を添えて撤収。



RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE