FORZA STYLE - 粋なダンナのLuxuaryWebMagazine
FASHION

【ドラマ視聴率の女王】米倉涼子の美貌を2000年代から辿る!

「失敗しない女」米倉涼子(46)の16年間。

『ドクターX~外科医・大門未知子』、『35歳の高校生』など、数々のドラマで主演を務める名女優、米倉涼子(46)さん。2020年からは個人事務所、「Desafio」を立ち上げるなど、目覚ましい活躍を見せていますね。

今回はそんな圧倒的な演技力とスター性を持ち合わせる米倉涼子さんの美貌を追っていきましょう!

2006年

ⒸGetty Images

2006年のエヴィアン・ピンク・アワードに出席した米倉さん。

当時はナチュラルなセミロングヘアで、とても若々しい印象を受けます! エビアンが持つスタイリッシュなイメージが米倉さんにピッタリですね。

2013年

ⒸGetty Images

こちらは、映画『Diana』でダイアナ妃を日本語吹き替え版で演じた際の米倉さんです。

もうすでに現在のお姿と変わりない風貌で、大物のオーラが滲み出ているのではないでしょうか。

2016年

ⒸGetty Images

米倉さんはさらに、マーベルの大人気シリーズ、キャプテン・アメリカの映画『シビル・ウォー』でブラック・ウィドウ役の日本語吹き替え版も担当しているんです!

上の写真は映画のUKプレミアレッドカーペットに出席された際の米倉さん。光り輝くドレスを纏い、微笑みかける描写はまさにエレガントでお美しい......。

いかがだったでしょうか? 2006年から2016年の米倉さんを追ってきましたが、世界をまたにかける活躍が垣間見れたのではないでしょうか。

これからのめざましい活躍が楽しみですね。

Text:celebrity watchers☆IT



RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE