FORZA STYLE - 粋なダンナのLuxuaryWebMagazine
FASHION あなたの靴、見せてください!

【ジョンロブ、オールデンetc】春を感じて、素足で履きたくなる名靴5選!

靴を偏愛する こじラグ谷中が、さらに靴企画を充実させるべくスタートさせた「靴魂(くつたま)」! インスタグラムに#靴魂のハッシュタグを付けてポストされたソウルメイトの投稿から、独断と偏見、そして魂を込めて厳選! あなたの靴が見たいから〜。

衛生面や靴擦れに注意して、爽やかに履きこなしましょう!

なかなか暖かくならないなんて嘆いていたら、二十四節気の5番目「清明(せいめい)」を迎えた頃には一気に暖かく、夏日になるほど気温も上がりました。

ちなみに、この「清明」とは、 清らかで明るく、生き生きとした様子を意味する「清浄明潔(しょうじょうめいけつ)」を略した言葉で、空は澄んで、草花も活気づき、春の息吹をたっぷりと感じられる清々しい時期。

そうなると、早速靴下を脱ぎ捨て、素足で靴を履きたくなってしまう! というわけで、第82弾は素足で履きたい靴をピックアップしてみます。

春の恩恵を受け、素足で靴を履くのは心地好いんですが…、フィット感が弱まって靴擦れしたり、汗が残ってニオイを発生させたりなど衛生面でも気になることが多め。

ここ最近はインビジブルソックスの発展も目まぐるしく、かつてはかかとが頻繁に脱げてイライラしましたが、そんな不満も解消されており、素足っぽく見せながら不快感なく履けるようにもなりました。ただ、履き口からソックスをのぞかせてしまうのは魅力を半減させるのでお気をつけを。

もし素足で履くなら、汗を吸ってくれるインソールを入れてみたり、アルコール入りのシートなどを持参して、こまめに除菌すれば衛生的ですし、靴擦れしないようサイズ選びや自分の足に合う木型選びを慎重にするのが重要です!

では話をクルリンパと戻して、素足で履きたい靴の投稿5選をご紹介していきます!

ロロ・ピアーナの「オープンウォーク」

まずは、春にこそ履きたいブーツの回に登場頂いた@yukistagram000さんの投稿から。ロロ・ピアーナ(Loro Piana)の「オープンウォーク(OREN WALK)」です。

1924年、北イタリア・トリベロで創業したロロ・ピアーナ。テキスタイルブランドとしての認知度が高いですが、じつは"究極の原材料を使用した世界最高峰のレディ・トゥ・ウェア"も手掛けています。

そんなロロ・ピアーナの創業者一族で、洒落者としても知られた故セルジオ・ロロ・ピアーナも愛用していたのが「オープン・ウォーク」。

アッパーには防水加工を施したスエード、ライニングにはナッパレザーを使用した、驚くほど快適な履き心地のアンクル丈のスリッポンで、外からは見えないんですが、履き口には特許取得済みのエラスティック(サイドゴアブーツのようなゴム)を採用しているのが特長です。

ソールもロロ・ピアーナ オリジナルで裏には所有者の名前を書き込めるスペースがあります。実はこれ、ヨットやクルーザーなどのデッキの上で履くことを想定しており、船上で靴を脱いでも間違えないための工夫だそうです。

マリンを感じさせるボーダー&ダブルのブレザーに「オープンウォーク」がぴったりハマっていますし、5年前に買われたベルウィッチ(Berwich)の「パスカル(pascal)」の丈感とも好相性!

@yukistagram000さんは上質なブランドをサラッと自分らしく着こなしていて、いつも参考になります。

引き続き、素敵なスタイリングとともにたくさんの愛靴を紹介してきてください。



RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE