FORZA STYLE - 粋なダンナのLuxuaryWebMagazine
FASHION 干場の「エコラグ」

編集長は4着目!? 年中着ていたくなる! ES:Sのトレンチコート

エコラグ-Hoshipedia 「エコラグ」とは、エコノミック・ラグジュアリーの略。economic luxury。極めて経済的だが、上質さやエレガンスは失わないスタイルの意味。「多くの粗悪なものより少しの良い物を」という干場の哲学により生まれた造語。腕時計や靴・鞄、スーツのように長い年月使えるものは高額でも、白シャツや白無地のTシャツのように常に白いまま清潔に着たい消耗品は、高額なものよりもコストパフォーマンスを重視するというスタイル。パテック・フィリップの腕時計やジョン・ロブの靴と、カミチャニスタやデッコーロの白シャツ、GAPの白無地のTシャツは干場にとっては同じ。一点豪華主義とも違う。干場が敬愛するブルース・リー先生が提唱した無駄を排した最短の動き(エコノミック モーション)で相手を倒すジークンドーのように、経済的で盛り過ぎない、かつ無駄のないシンプルで上質なスタイルを指す。

人気の定番コートの新色が完成度を高めて登場!

「ES:S(エス)」のトレンチコートは春夏、秋冬と、毎シーズン素材を替えながらつくっている定番商品。僕が、これまでのトレンチコートに抱いていた堅苦しさや、トラディショナルな英国調のイメージを軽々と塗り替えてしまった一着です。

というのも、ミリタリー由来の本格的なつくりながら、エポーレットやガンパッチ、D冠といった、トレンチコート特有の象徴的なディテールをことごとく排除し、フォルムで魅せるという、まったく新しい発想でデザインされているからなんです。

僕はすでに3着もっていますが、今回、ポリエステルのタイプライター素材を使ったモデルに新色のネイビーが登場。素材の表面には、特殊加工で凹凸感をもたせていて、化繊でありがら天然素材に見間違えるほど表情豊かな仕上がりです。

また、半裏、袖裏は表地と同じ素材の色違いになっていて、その表と裏の生地の間に空気をはらんで、ふんわりとしたフォルムになるように計算されているんだとか。今シーズンから着丈が従来モデルより5センチ長くなったことにより、これまでのスポーティな雰囲気は残しつつ、さらにエレガントさを増しています。



RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE