FORZA STYLE - 粋なダンナのLuxuaryWebMagazine
WATCH 【腕時計羅針盤】

最もお得に買えるのはいつ?高級時計を買うべき4つのタイミング【時計はトロフィー】

みなさん、こんにちは。

腕時計羅針盤、RYです。

みなさんは、高級時計をどのタイミングで買っていますか?

出会ったその時に買う。

何か目標を達成したときに買う。

就職や結婚など人生の節目に時計を買う。

色々なタイミングがあると思います。

そもそも高級時計を買ったことがないという方も多いでしょう。

スマホやパソコンが普及した現代において、高級時計は決して生活必需品ではありませんよね。

そしてぽんぽんと気軽に買える物でもありません。

高級時計を買うにはそれなりのタイミングと理由が必要だと思います(ご家族を説得する上でも)。

そこで今回は、私の考える「高級時計を買うタイミング4パターン」を紹介させて頂こうと思います。

これから高級時計を買いたいと考えている方の参考になれば嬉しいです。

それではいってみましょう!

パターン①欲しいときに買う

筆者が出会った時に思い切って購入したロレックスのサブマリーナー。思い切って良かった。

「欲しいと思った時に買う」これは、一番シンプルかつ最もポピュラーな考え方だと思います。

やや衝動的ですので、買ってみたら意外とライフスタイルに合わない、すぐに飽きてしまうなど”失敗”のリスクも比較的高いかと思いますが、長期的に見れば最もお得に買える方法だと思います。

1年前の記事【今が最安値かも】初めての高級腕時計は早めに買った方が良い3つの理由【経済・資産・心理の面から考察】でも、高級時計は早めに買ってしまうのが最安である可能性が高いと書かせて頂きましたが、実際にこの後各時計ブランドは定価を大幅にアップし、二次市場価格も軒並み上昇しております。

当時は、「〇〇のブランドの腕時計は、ちょっと前はもっと安く買えたのに」「最近値上げが凄い」という言葉が腕時計好きの会話やインターネット上でも頻発していました。

しかし今となっては「1年前に買っておけばよかった」と思える程の相場感になっています。

詳しい理由は上記の記事を参照していただきたいのですが、主な要因として筆者が考えているのは長期的トレンドとして「スイス人件費の上昇」「日本人実質賃金の低下(上がらない給与・増える税金と社会保険料)」、短中期的トレンドとして「通貨の価値漸減=インフレ」です。

さらに足元ではウクライナ戦争に端を発する「エネルギー供給問題」も出てきており、コロナ禍による影響も引き続いていることから、これから一段と時計の製造コスト及び輸送コストに上昇圧がかかり、定価や二次市場価格も上昇するのでは?と考えています。

このように考えると、高級時計は欲しいと思ったその時に買うのが金銭的には最もお得である可能性が高いと思います。

さらに、早く高級時計を買うということは、その分長くその時計と過ごすということになるので、心理的面でもお得感があるかと思います。

一方のデメリットとしては、達成感を感じにくいことでしょうか。

やはり高級時計を買うということは、多くの方にとって特別な意味を持つはずです。

そうであれば、何かの記念に合わせて買いたいという方も多いでしょう。

そこで次章からは「高級時計買うに値する記念となりそうな3つのパターン」について書かせて頂きます。

パターン②時間軸で考える

筆者が30歳記念に購入したヴァシュロン・コンスタンタンのオーヴァーシーズ。お気に入り。

「時間軸で考える」これも比較的ポピュラーな考え方かと思います。

例えば、30歳になったら記念に時計を買おう。3年間仕事を続けたら記念に時計を買おう。といった具合ですね。

時間的制約を設けることで、衝動買いによる失敗のリスクを避け、じっくりと自分の好みやライフスタイルに向き合い、より理想の時計に近づくことができる可能性が高まるはずです。

みなさんは洋服屋さんで「お!これかっこいい!セールだし買っちゃおう!」と洋服を買ったものの、家に帰って着てみたら意外と似合わなかった。自分のスタイルと合わなくて着なくなってしまった。という経験はありませんか?筆者はよくあります(笑)。

洋服であれば高くても数万円程度だと思いますが、高級時計となると数十万円から数百万円の出費になります。絶対に失敗したくないですよね。

ちなみに、前回の記事で書かせて頂いたオメガのシーマスターダイバー300mを仕事用の時計として買うまでに様々な時計の候補がありました。

初めは無骨なマットな質感の時計がかっこいいと思っていたのですが、1年間熟考していくうちに「自分は何かとキラキラとした高級感のあるものが好きな傾向がある」ということに気がつき、オメガを購入したという経緯がありました。結果として大満足しています。

このように、時間を確保することによって衝動買いによる失敗のリスクを避け、じっくりと自分の好みやライフスタイルに向き合い、より理想の時計に近づくことができる可能性が高まるメリットがあります。

一方で、時間軸ということは時間が経てば購入できるという考え方ですので、やや達成感を感じにくいと言えるかもしれません。

そこで次の章ではよりストイックな考え方を紹介します。

パターン③行動軸で考える

筆者のメインユースの3本。いつの日か目標を達成して夢の時計を加えたいと目論んでいる。

「行動軸で考える」これは最もハードな考え方かと思います。

例えば、部長に昇進したら記念に時計を買おう。独立起業したら記念に時計を買おう。といったように何か目標を打ち立て、その目標を達成した記念として時計を買おうという考え方です。

この目標のハードルが高ければ高いほど未達に終わる可能性が高くなります。その反面、達成した時の喜びはより大きいものになるでしょう。

ところでみなさんは、「マズローの欲求5段階説」をご存知でしょうか?

マズローの欲求5段階説によると、人間の欲求は次の5段階に分かれ、低次の欲求が満たされればより高次の欲求が高まるという説です。

1. 生理的欲求:食べたい、寝たい等
2. 安全欲求:安心・安全な暮らしがしたい等
3. 社会的欲求:集団に属したい、仲間が欲しい等
4. 承認欲求:他者に認められたい、注目されたい、自分で自分を認めたい等
5. 自己実現欲求:創造的活動がしたい等

おそらく、日本に住んでいる限り、多くの方が「承認欲求」を欲するレベルにあるのではないかと思います。

マズロー氏によると承認欲求には二段階あり、低次は「他者承認欲求」、高次は「自己承認欲求」です。

ここで話を戻しますが、高い目標を掲げその目標を達成し購入する高級時計は、自分で自分を認めてあげられるような「自己承認欲求」を満たしてくれるトロフィーのような存在になると私は考えています。

そしてより高次の自己実現欲求が高まると、「自分の能力を引き出して創造的活動がしたい」など、自分の活動や成長に高い意欲が芽生えるはずです。

さらに途中で挫けてしまいそうな高い目標であっても、高級時計を買えるというご褒美を設定することで、モチベーションを保つことができるという”ニンジン効果”も期待できます(笑)。

このように、自身の行動によって結果を左右する行動軸ベースの考え方は、未達に終わる可能性もあるものの、もし達成できた場合にはとても大きな喜びを得られ、人生においてとても大きな意味を持つ時計になると思います。

パターン④お金軸で考える

筆者が購入してきた時計の一部。お財布事情とのバランスも大事。

「お金軸で考える」これは最も合理的な考え方かと思います。

例えば、貯金〇〇万円貯まったら時計を買おう。時計を買っても貯金〇〇万円は残るようになったら時計を買おう。といった具合です。

家計や貯金、お財布事情に合わせて考えるため、支出のバランスが取りやすく、ご家族の理解も比較的得やすい考え方かと思います。

やはり高級時計は高額であり、簡単に買えるものではありません。ご家族がいらっしゃる方であれば、ご家族の理解や許可がなければ買えないという方も多いでしょう。

これまで紹介してきた3パターンが訪れた時に、そもそもお金がなければ買えませんし、買ったとしてもお財布がスッカラカンになってしまうようであれば厳しいですよね。

その点、お金をベースに考えておけば生活全体で見た時のバランスを取りやすく、ご家族の理解も比較的得やすいと思います。

また、目標貯金額などを設定しておくことで、日々の仕事や家計のやりくりにモチベーションがアップするニンジン効果も狙えるはずです。

まとめ

©︎getty images

いかがだったでしょうか?

今回は、私の考える「高級時計を買うタイミング4パターン」をご紹介させて頂きました。

もう一度まとめると、

1. 欲しい時に買う
2. 時間軸で考える
3. 行動軸で考える
4. お金軸で考える

でした。

いずれもメリット・デメリットが考えられるので、みなさんの実情に合わせて参考にしていただければ幸いです。

また、パターンはこれだけに限りませんし、そのほかのパターンもあるかと思います。あるいは、複合式にしても良いかもしれませんね。

ちなみに筆者は、現在3番の「行動軸」を実践中です。

私のYouTubeチャンネルの登録者数が10万人に到達したら、ずっと夢見ている時計を買おうと考えています。

もし今日の記事が少しでも面白かったという方は、コチラからYouTubeのチャンネル登録もしていただけたらとても嬉しいです(笑)。

それではまた!ありがとうございました。



RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE