FORZA STYLE - 粋なダンナのLuxuaryWebMagazine
FASHION あなたの靴、見せてください!

世界に誇るべき日本の靴。最注目の5ブランドを一気に紹介

宮城興業のタンカーブーツES-35

続いては、ドクターマーチンクラークスビルケンシュトック夏サンダルの回にも登場頂いている @jigoku.dannaさんの投稿から。宮城興業(MIYAGI KOGYO)のブーツES-35です。

山形県南陽市に本社を構える靴メーカー、宮城興業。創業以来、グッドイヤーウエルト製法にこだわり、選び抜かれた素材と磨き抜かれた技術を駆使し、名靴を世に送り出しています。

金子真氏が手がける 注目のシューズブランド「カルマンソロジー(CALMANTHOLOGY)」の生産を請け負っていることでも有名で、百“靴”争鳴企画では工場を訪れた動画もありますので、気になった方はぜひ!

@jigoku.dannaさんのタンカーブーツは、すらりとした端正なデザイン。北海道札幌市のアシドウが、老舗タンナーごとう製革所とともに製作した防水グラブオイルレザー「S.G Oil leather」を「剛/go ES-35」というモデルにまとわせたカスタムメイドです。

雨雪に強く、しなやかに仕上げられたレザーは、冬の北海道にピッタリ! 

このレザーが履き込むことでどんな風に育つのか興味があるので、またぜひ経過報告投稿をお願いします。

オリエンタルシューズの「アラン」

次にご紹介するのは、チャッカブーツ滑りにくい靴リーガルの回に続いての登場となる @kdoit_1989さんの投稿。オリエンタルシューズの「アラン(ARAN)」です。

1957年、奈良県にて松本常雄氏が設立した、オリエンタルシューズ。

海外と協業しながらグッドイヤー製法の靴を製造し続け、日本靴の歴史を作ってきた老舗で、シューズデザイナー坪内浩氏と編集長干場によるシューズブランド「ダブルエイチ(WH)」も手掛けています。

@kdoit_1989さんの「アラン」は、上級ラインのUチップ。最初はしっかりとコシがありながら、履き込むことでしなやかに変化するヨーロッパのボックスカーフを使用し、ボリューム感のあるアメリカンテイストのラスト#808で仕上げているのが特長です。

オリジナルラバーソールはアイスバーンでも滑らないとのことで、なんとも心強い。

いい感じに履きジワが入って、雰囲気抜群。今後は"濃い色のクリームで濃淡をつけて育てていく"とのことで、そちらも楽しみ。

またぜひその経過を投稿してください。



RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE