FORZA STYLE - 粋なダンナのLuxuaryWebMagazine
FASHION 【世界のセレブ通信】

【オシャレは足元から? いえ頭もです】帽子で冬を彩るセレブたち。

帽子はオシャレへの近道

オシャレ上級者の鉄板定番アイテム「帽子」。小物であるため派手な色や柄を避けた結果、黒や茶色、白などの基本色ならまだ挑戦しやすいかなとは思いながらも、次に手こずるのが形ではないでしょうか。ニット帽、キャップ、バケットハットなど様々な形があるゆえ、いざ買おうとしても迷ってしまい、後回しにしてしまいがち。

そんなお悩みを抱える皆さまは必見、オシャレに一歩近づく帽子コーデをセレブたちから学んでみませんか? 中でも今回は冬に真似したくなるニット帽のコーデをチェックしていきます。

全体のバランスを考えて組むのがコーデの基本です。ぜひオシャレセレブたちのファッションテクを真似してみましょう!

エルザ・ホスク ⒸSplash/アフロ

こちらはヴィクシーモデルのエンジェルにも選ばれた世界的モデルのエルザ・ホスクです。

黒のダウンジャケットに包まれて、そこから白のニット帽を覗かせているのがなんともかわいらしいですね!

ダウンジャケットは冬のアウターアイテムとして重宝される優れもの。一着は持っているという方も多いのではないでしょうか? 男女問わず使えるダウンジャケットには、彼女のようにニット帽を合わせることをオススメします!

ダウンジャケットは存在感が大きい分、周辺がいきなり小さく見えてしまいます。せっかくのお顔も埋もれてしまっているかもしれません。ニット帽などの帽子を身につけることで人の視線をジャケットよりもさらに上にあげることができ、印象づけることができるでしょう。

また、アウターと帽子で顔を挟むことによって小顔効果も期待できますよ♡

ララ・ストーン ⒸSplash/アフロ

お次はオランダのファッションモデル、ララ・ストーンの着こなし。

オレンジのニット帽が眩しいですね! ニット帽は特に色の展開が豊富なのが特徴。それゆえ迷ってしまうのですが……。

彼女のように、ワントーンにまとめて帽子が主役のコーデにするのもよし、ジーパンに白セーター、黒のジャケットといった「ザ・カジュアル」な組み合わせに差し色で帽子を身につけるのもオシャレで素敵です。

この際選ぶ色は自分好みの色でいいでしょう。好きな色を身につければテンションも上がりますよね! どこか味気のないシンプルで単調なコーデも、帽子に色を使えば一気に垢抜けファッションになることができます。 オレンジ、緑、赤、青など派手な色にチャレンジするのもアリですよ!

クレシダ・ボナス ⒸBackgrid UK/アフロ

最後のご紹介するのは英国ヘンリー王子の元恋人としても知られる女優兼モデルのクレシダ・ボナスのコーデ。

ビビッドな青を差し色にして暗くなりがちな冬のコーデをパッと明るく彩っていて素敵ですね!

同じ差し色のコーデですが、先程と異なるのはパンツと色を合わせているということ。ビビッドな色に限らず、帽子で使った色をあえて遠ざけてパンツでも使うことによってトータルコーデとしてのバランスも取れますし、何より先ほどよりも華やかな印象になります!

この特徴のある色を隣接しないように遠ざけて使い、サンドイッチのようにして使うというテクは様々な場面で応用できます。それが帽子とパンツなら誰もが認めるオシャレさんになれるでしょう。

 

いかがでしたか? 男女ともに使える帽子のコーデテクをご紹介しました! 今回はニット帽に着目しましたが、キャップやバケットハットなどでも同様です。

そして、セレブはさりげなく帽子を身につけてる人が多いんですよね。ちょっと帽子恥ずかしいかも……と感じている方も勇気を出してチャレンジしてみてください! 上手にコーデを組めば皆さんもセレブたちのようにオシャレを楽しむことができますよ。

その際にはぜひ、テクニックを参考にしてみてくださいね!

Text: celebrity watchers☆AF



RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE