FORZA STYLE - 粋なダンナのLuxuaryWebMagazine
WATCH 【腕時計羅針盤】

2022年は日本勢が躍進!?世界を席巻する日本の高級時計ブランド2トップ【ザ・シチズン、グランドセイコー】

みなさん、明けましておめでとうございます。RYです。

昨年は本当にたくさんの方に「腕時計羅針盤」を読んで頂きまして、誠にありがとうございました。

本年も何卒、よろしくお願い致します。

さて、2022年最初の記事は「世界を席巻する日本の高級時計ブランド2トップ」と題して、今年大注目の時計ブランドを2つピックアップしてご紹介したいと思います。

それではいってみましょう!

1. ザ・シチズン

@shirokuma_watch_japanさんの#腕時計魂のポストより

ザ・シチズンは1995年に誕生した、シチズンの高級ラインのブランドです。

身に着ける人の人生に永く寄り沿う腕時計であることを目指し、理想とする「精度」「品質」「デザイン」「ホスピタリティ」に絶えず挑みつづけています。

ラインナップとしては、世界最高精度を誇る「年差1秒エコ・ドライブ」をはじめとする光発電時計やクォーツ式時計が充実しており、特に精度に関しては世界でも抜きん出た実力を持つブランドです。

そんなザ・シチズンから昨年、11年ぶりに新作機械式ムーブメントを搭載したモデルが誕生したことは、間違いなく昨年の時計界のビッグニュースのうちの一つでした。

実はシチズンは日本の時計ブランドとしては珍しく、積極的に他社のM&Aを進めており、いち早く世界戦略へと舵を切っています。

事実、昨年発表された機械式ムーブメント「キャリバー0200」も、2012年に傘下に収めたスイスのムーブメントメーカーであるラ・ジュー・ペレ社の協力を経て完成されたものです。

つまり、早くに撒いていた種が昨年ようやく芽吹き始めたと考えることもできます。

しかも”機械式時計復活元年”にして、外装・ムーブメント共に非常に高い精度と美観を有しており、そのクオリティの高さで世界を驚かせたのです。

2年目となる2022年はどんな作品で世界を驚かせ、楽しませてくれるのか大注目です。

2. グランドセイコー

@yas.oniheadさんの#腕時計魂のポストより

グランドセイコーは1960年に誕生したセイコーの高級ラインナップで、2017年から完全に独立したブランドです。

1960年当時、高級時計市場を独占していたのは主にスイス製の時計でしたが、これら外国勢と戦えるようにと、最高品質を目指した日本クラフトマンシップの結晶ともいえるブランドがグランドセイコーです。

時計のケースや針・インデックスなどが鏡のように美しく光る「ザラツ研磨」、日本の季節の移ろいや情景を表現した文字盤、機械式とクォーツ式のハイブリットムーブメントの「スプリングドライブ」など、グランドセイコーならでは技術を詰め込んだ時計の数々は世界の時計愛好家からも賞賛されています。

昨年新作として登場したSLGH005(通称”白樺”モデル)は、2021年度ジュネーブ時計グランプリ「メンズウォッチ」部門賞を受賞するという快挙を成し遂げました。

ジュネーブ時計グランプリとは「時計界のアカデミー賞」とも呼ばれる時計界で最も権威ある表彰式の一つです(つまりグランドセイコーは昨年の”アカデミー賞・主演男優賞”を受賞したと言っても良いのかも知れません)。

さらに国内においては、同モデルで2021年度グッドデザイン賞も受賞しています。

年々グランドセイコーの世界的評価が高まっていると私の肌感覚で感じておりましたが、昨年はまさに同ブランドの取り組みが結実した年と言っても良いでしょう。

しかもそれに甘んじず、昨年後半からも怒涛の勢いで魅力的な新作時計を続々とリリースしているのです。

今年はどんな時計で魅せてくれるのか、今から楽しみで仕方がないです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は「世界を席巻する日本の高級時計ブランド2トップ」と題して、今年大注目したいザ・シチズンとグランドセイコーをピックアップしてご紹介させていただきました。

実は今回の記事、はじめは単に「今年注目の時計ブランド」というテーマで書き始めており、特に日本の時計ブランドには拘っておりませんでした。

しかし、昨年の各ブランドの動向を再度おさらいしていても、やはり特筆すべきは日本の2ブランドだと感じたので今回のような記事となりました。

つまり「日本人だから日本の時計ブランドに注目したい」というのではなく、「世界の時計ブランドを満遍なく見渡しても、ザ・シチズンとグランドセイコーに注目したい」と個人的には思えるのです。皆さんもぜひ注目してみてくださいね。

今年も一緒に時計を楽しんでいきましょう。

それではまた!ありがとうございました。



RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE