FORZA STYLE - 粋なダンナのLuxuaryWebMagazine
WATCH 男の格が上がる腕時計の選び方

真実はひとつではない!? ロレックスの名前の秘密

男の品格を左右する重要な小物、それは腕時計。どのブランドのどんなデザインの腕時計を身につけるかで、その人の世界観や美意識、生き様が垣間見えてきます。一方女性は、男性の腕時計をどう捉えているか。内心、どのような腕時計を身につけて欲しいと考えているのか?「ロック福田の腕時計魂!」「腕時計羅針盤」など腕時計コンテンツが大充実のFORZA STYLEが、大人の男の時計選びをアドバイスしていきます。

王道中の王道ROLEX。日本一、いや世界一知名度が高いロレックスですが、みなさんはロレックスのこと、ちゃんとご存知ですか?

なんとなくカッコイイから、資産価値が高いからと言って選ぶのはもったいない。なぜなら大人の男性にとっては身に着ける腕時計はご自身のステイタスとも直結します。


©︎getty images

今回お話しするのは、ロレックスの名前の由来について。

その抜群の人気や知名度とはうらはらに、実態が謎のベールで包まれたミステリアスなブランドということがファンの心をくすぐります。

ブランド名もその謎のうちの一つで、由来は公にされてはいません。


Wikipediaより

創業は1905年、イギリス。ドイツ人のハンス・ウイルスドルフが義弟のアルフレッド・ジェイムズ・デイビスとともにウイルスドルフ&デイビスという時計商社を設立したことに端を発します。

ウイルスドルフは「ロレックス」の商標を登録し、その後スイスのラ・ショー・ド・フォンに拠を移し、1915年、「ロレックス・ウォッチ・カンパニー」に社名を変更しました。

名称変更の理由は、ウイルスドルフがドイツ語であったため。第一次世界大戦の影響でイギリスへの輸出を考慮してのことであったといいます。

ちなみにこの「ロレックス―ROLEX―」。社名となる以前にも商標として登録がされましたが、ウイルスドルフによる造語です。

ロレックスという名前の由来について説は多数あるのですが、どれもウイルスドルフ自身が明言したものではなく、いまだ真実は明かされていないのですが……。

・フランス語の“horlogerie exquise(卓越した時計製造技術)”に由来する言葉遊びの一種であるというもの。

・英語の自動巻き機構のRoll(ロール)とExcellent(エクセレント)を掛け合わせているというもの。

・もうひとつが、英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語・・・どこの言葉でも発音しやすくなじみやすいものにしたいという狙いがあったというもの。

全く新しい響きと全世界で発音できる造語でアメリカに本拠地を置く世界最大の写真フィルムメーカーKODAK「コダック(イーストマン・コダック・カンパニー)」が成功を収めたのに倣ったという説ですね。


instagramでのdaily__diverさんの投稿より

いずれにせよこれだけ世界中で「ロレックス」が普及していることを鑑みると、まさにウイルスドルフの狙い通りになったと言えますね。

Text:FORZA STYLE



RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE