FORZA STYLE - 粋なダンナのLuxuaryWebMagazine
LIFESTYLE あなたのクルマ見せてください

007祭り!ヴァルカナイズ・ロンドンで英国のわくわくがとまらない

かつて週刊宝石の名物企画だった「あなたの⚪️⚪️見せてください」は、小学生だったオギーには衝撃的だった。あなたの大事な⚪️⚪️をそうも容易く見せていいものか、と。ギャラありきの仕込みだったのでは? とスレた考えを若かりし単細胞オギーが抱く余地もなく。んで、まー、当「あなたのクルマ見せてください」とは、どんな企画かと申しますと、そのまんま、あなたのクルマを見せていただくというもの。でもね、単にクルマ自慢に終始しない。なぜその男は、このクルマを選んだのか。男の言葉の端々に、男の人生が見えてくるのではないかな〜。なんて、思ったわけでして。クルマを見せるのは⚪️⚪️を見せるよりは恥ずかしくないでしょ? 吉と出るか凶と出るかは、蓋を開けてみないとわかりません。でも、クルマを愛する男の生き様にはタメになる何かが必ず潜んでいるはずだ!
 
もうご覧になったでしょうか、映画「007/ノー・タイム・トゥ・ダイ」。長らくボンド役を務めてきたダニエル・クレイグの最終章となる今作、しびれました。そんな大ヒット作の公開にあわせて、東京・青山にある「ヴァルカナイズ・ロンドン」では007のアイテムを数多くそろえ、ポップアップが行われています。

そして、今回の目的は、007フリークとしても知られるヴァルカナイズ・ロンドンを運営するBLBG社代表取締役社長・田窪寿保さんにお話を、そして同時にロータスフリークでもある田窪さんの愛車を見せていただく、ということにあります。

骨董通りに面した正面入り口に歩を進めると、低くうずくまるように、ウェッジシェイプのロータスエスプリが鎮座していました。「007/私を愛したスパイ(1977年公開)」に登場したシリーズ1と同モデルであり、潜水艦になったシーンはあまりにも有名です。

また、今作「007/ノー・タイム・トゥ・ダイ」でボンドが着用していたそのまんま、あの島で戦うシーンで着用していたネイビーのニットとカーゴパンツが売られています。レプリカではなく、これまで衣装を作成してきた担当スタイリストと英国ブランドN.ピールによるアイテムで、007のコスプレが!

もちろん、英国クラシックを代表するグローブトロッター、スマイソン、フォックス・アンブレラズ、グレンソンも充実。さらに、新鋭となる英国ブランドも数多くそろえているので、いつ来ても英国が楽しめます。

同店2階には秘密の部屋エグゼクティブラウンジがあり、そこにはスコットランドの高級オーディオLINNのシステムが備えてあります。ボンドが愛飲するシャンパーニュ「ボランジェ」をオーダーすれば3時間、この部屋が借りられるといいます。そこで何をするか。もちろん、大音量で映画007を鑑賞するのです。

我々もそうしたかったのですが、田窪さんの愛車をまだ見ていません。泡を味わうのを辞し、裏の駐車場へ向かうのでありました。そこで見たのは……次回!

Video&Photo: Naoto Otsubo
Video Edit: Kabuto Ueda
Text:Takashi Ogiyama

 

 



RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE