FORZA STYLE - 粋なダンナのLuxuaryWebMagazine
FASHION オトナの”鉄板定番”ベスト

男なら、いつかは持ちたい。カルティエのタンクが名品と呼ばれる理由、知ってる?

男を惹きつけてやまない定番の魅力。しかし、定番ゆえに見過ごし、定番ゆえに買い逃してはいませんか? 知ればあなたの人生を必ず豊かにしてくれるFORZA厳選の「鉄板定番」を、あらためて紐解きご紹介します。

小ぶりなのに存在感抜群! 男の格が上がる鉄板中の鉄板時計です

第406回目は、カルティエのタンクです。

©︎ Cartier ケースサイズ33.7×25.5mm、18KPGケース、3気圧防水、手巻。159万7200円/カルティエ(カルティエ カスタマー サービスセンター)

男の品格はそっと忍ばせておくもの。これ見よがしでは嫌味になりかねませんからね、あくまでさり気なくがポイントです。そこで頼りになるのはやはり時計でしょう。中でも小ぶりでシンプルなものが吉。この条件を全て満たし、さらにラグジュアリーな雰囲気も演出してくれるのが、「カルティエ」の「タンク」なんです。

タンクは1917年に誕生し、100年以上の歴史を持つ角型時計の最高峰。大きく形は変えずにリリースを続ける一方で、しっかりと現代的なアップデートを図っており、世代を超えて愛されるのも納得。つまり、大人から若者まで男女問わずに、時計好きでもそうでなくても誰もが一目を置く傑作なんです。タンクコレクションの中でも様々なモデルが展開される中、3代目当主ルイ・カルティエが愛用したのがこちらの「タンク ルイ カルティエ」。

美しい丸みを帯びたケースに18Kピンクゴールドを採用し、クラシカルにして優美な佇まいが特徴。33.7×25.5mmの小ぶりなサイズ感は、手元で上品さをさり気なくアピールします。小ぶりとは言え、長き歴史とアイコニックな佇まいを持つからその存在感は絶大。身に着けた瞬間に1ランクも2ランクもクラスアップするのは言わずもがな。スーツのみならずカジュアルスタイルとも好相性だから、ずっと着けていられる汎用性も魅力の一つです。

レディースからも多くの支持を得ている人気作とあって、恋人や奥様とのシェアも可能。時計はセンスが問われるだけにセレクトが重要ですが、タンクなら文句なし。絶対にハズさない時計の代表であり、大人の永世定番としてこの上ない存在と言えます。

©︎ Cartier

リュウズにあしらったのは、ドーム状に仕上げたカボションカットのサファイヤ。時分針のブルーに調和し、シンプルでクラシカルな時計に華やぎを与えます。

©︎ Cartier

タンクを象徴する角形ケースは、その名の通り戦車を上から見た構図がベース。こうしたミリタリー由来な逸話も男心をくすぐりますよね。縦のラインをラグと一体化しブレスレットのような着用感が得られるのも、計算されたディテールの一つ。

 

Vincent Wulveryck © Cartier  ケースサイズ41.6×22.6mm、18KYGケース、3気圧防水、自動巻。170万2800円/カルティエ(カルティエ カスタマー サービスセンター)

タンク ルイ カルティエから派生して生み出されたのが「タンク アメリカン」。美しいカーブを描く縦長のケースが特徴。シャープさと丸みを併せ持ち、洗練された優美さと力強さを感じさせます。18Kイエローゴールドとブラックアリゲーターストラップの王道コントラストが、手元でエッジを効かせるアクセントに。

Styling:Takahiro Takashio
Text:Hayato Hosoya

【問い合わせ】
カルティエ カスタマー サービスセンター 0120-301-757



RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE