FORZA STYLE - 粋なダンナのLuxuaryWebMagazine
FASHION 僕が捨てなかった服

ランバン、ジバンシィのタグも! 震災チャリティのために手作業で制作された感慨深いTシャツ。

人生には、どうしても手放せなかった服、そう「捨てなかった服」があります。そんな服にこそ、真の価値を見出せるものではないでしょうか。そこで、この連載では、ファッション業界の先人たちが、人生に於いて「捨てなかった服」を紹介。その人なりのこだわりや良いものを詳らかにし、スタイルのある人物のファッション観に迫ることにします。

世界の名だたるブランドのタグを十字にコラージュしたデザインは圧巻!

バーニーズ ニューヨークの顔的存在として、PRや自社メディア、オンラインストアを統括する中野光章さん。インディアンジュエリーに対する造詣が深いのは業界内外でも有名で、数多の名作を備えています。

ファッションにおいても、モードにとどまらず、古着、ストリート、はたまたアルティザンまで幅広いジャンルに精通する中野さんが、思い入れが強くて捨てられなかった服をご紹介する企画の第11回目は、バーニーズ ニューヨークの「OUR THOUGHTS ARE WITH YOU.」Tシャツです。

「3.11、東日本大震災が発生した際に各ブランドからタグを提供して頂いて制作した、2011年のチャリティTシャツです。

取引のあった世界中の名だたる70のブランドにお声掛けしたんですが、どのブランドも日本のことを思ってくれて確か500枚ずつタグを提供してくれ、このTシャツとトートバッグを作成しました。

すべてのタグを十字にコラージュしたデザインは、1点1点手作業で制作しており、価格は1枚7350円。制作実費以外はすべて寄付として被災地の支援金に充てられ、私もXLとLを購入して、Lは着ずに大切に保管していました。

ある出張の際、南イタリアのファクトリーブランドを訪れると、このTシャツを額装して飾ってくれていて、しみじみ感動したのを覚えています。

ランバンやジバンシィ、アレキサンダー・マックイーンなどが、チャリティとはいえタグを提供してくれたのは、バーニーズ ニューヨークだからこそ実現できた企画だなと今でも感慨深いです。

南イタリアのファクトリーブランドではないですが、着ていないLの方は今後 額装して大切に残しておこうと思っています」。

中野光章
バーニーズ ニューヨーク クリエイティブサービス部 兼 EC部 アシスタントディレクター

1996年バーニーズ ジャパン入社。新宿店デザイナーズフロア、PR、セールスプロモーションの各マネージャーを経て現在はPR、自社メディア、オンラインストアを統括。インディアンジュエリーに深い造詣を持ち、座右の銘は「インディアンジュエリーは出逢ったときが最安値」。

Photo:Shimpei Suzuki

Edit:Ryutaro Yanaka



RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE