FORZA STYLE - 粋なダンナのLuxuaryWebMagazine
FASHION 僕が捨てなかった服

晴れの舞台用に親友がフルオーダーでプレゼント。革質も抜群なので、一生大切にします!

人生には、どうしても手放せなかった服、そう「捨てなかった服」があります。そんな服にこそ、真の価値を見出せるものではないでしょうか。そこで、この連載では、ファッション業界の先人たちが、人生に於いて「捨てなかった服」を紹介。その人なりのこだわりや良いものを詳らかにし、スタイルのある人物のファッション観に迫ることにします。

通常子羊2匹のところ、なんと2倍の4匹使ってます。

バーニーズ ニューヨークの顔的存在として、PRや自社メディア、オンラインストアを統括する中野光章さん。インディアンジュエリーに対する造詣が深いのは業界内外でも有名で、数多の名作を備えています。

ファッションにおいても、モードにとどまらず、古着、ストリート、はたまたアルティザンまで幅広いジャンルに精通する中野さんが、思い入れが強くて捨てられなかった服をご紹介する企画の第9回目は、ベン ザ ロデオ テーラーの特注レザーベストです。

「ベン ザ ロデオ テーラー(BEN THE RODEO TAILOR)は、メンズビギとラングラーの共同プロジェクトとして誕生したレーベル。2002年に、親友で当時のクリエィティブディレクターだった坂田真彦さんがスタートさせたんですが、私の晴れ舞台のためにと、採寸までして作り、プレゼントしてくれました。

インラインでも展開していたアイテムなんですが、背中側まで贅沢に革を使っているので、通常でも子羊2匹分の革を使って作り上げるところ、私のわがままボディだと用尺がデカすぎて2倍の4匹分。

しかも、シワの入り方や柔らかさがなるべく均一になるように、たくさんの革の中から厳選して使ってくれました。

本番終了後も、デニムに合わせやすいのと、ニットやカットソーの上に羽織るとイイ雰囲気なので、ちょいちょい活躍してくれてたんですが、ここ5〜6年は太ってしまっていたので着ることができなくてクローゼットで眠ってしまっていました。乾燥したり、カビがつかないようにメンテナンスは欠かしませんでしたけど。

ただ、ここ最近すこしだけ痩せられたので、この企画を機に引っ張り出したので、また着てみようと思います。

そして、親友からの粋なプレゼントですから、絶対に手放すことはないですね」。

中野光章
バーニーズ ニューヨーク クリエイティブサービス部 兼 EC部 アシスタントディレクター

1996年バーニーズ ジャパン入社。新宿店デザイナーズフロア、PR、セールスプロモーションの各マネージャーを経て現在はPR、自社メディア、オンラインストアを統括。インディアンジュエリーに深い造詣を持ち、座右の銘は「インディアンジュエリーは出逢ったときが最安値」。

Photo:Shimpei Suzuki

Edit:Ryutaro Yanaka



RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE