FORZA STYLE - 粋なダンナのLuxuaryWebMagazine
FASHION 山ちゃんの「洋品天国」

90年代だって昭和!常に100種類以上のチノパンを揃える恵比寿の名店、知ってる?

長年生きていると洋服に対する考え方もだいぶ変わってくるもので、正直言って「トレンド」とか「モテる」とか、もうど~~~~~でもいいんですよね! なおかつ、売れ線ばかりを揃えた個性のないショップにも、もう飽き飽き。なんつーか今の僕が求めているのは、店主の趣味がほとばしりまくった「濃厚」かつ「偏った」品揃えのお店。分かるヤツだけ分かればいいんです。今や絶滅危惧種になってしまった、そんなショップ……いや「洋品店」を紹介させてくれるってんだから、FORZA STYLEも相当な"変態"ですなあ。それでは早速行ってみましょう!

1990年代にウディ・アレンにハマって以来、2タックのチノパンは、40代の僕にとっての大定番。流行っているいないはさておき、常にワードローブの片隅に置いておきたいアイテムなのです。しかし実はこういうモノこそ、意外と流行のアオリを受けやすい。数年前まではセレクトショップはおろか、トラッドブランドに行っても2タックなんて存在しなかったクセに、最近はどこもかしこも2タック。ちょっと節操なさすぎません? しかも超テーパードシルエットだったりして、僕の考えているヤツとはちょっと違うんだな〜。

そんなときに思い出したのが恵比寿のPt.Alfredというお店。90年代後半、雑誌『Begin』に死ぬほど出倒していた頃にちょくちょく伺っていたのですが、もうかれこれ10年は行っていない。まだ店主の本江さんはいらっしゃるかな? お店も随分変わってるんじゃないかな? と心配しつつ伺ったのですが、まさに杞憂!

お店こそ同じビルの1階に移転していたものの、本江さんの佇まいもお店の雰囲気も、あの頃と全く変わっていませんでした! ホワイトハウスコックスのベルトやクオバディスカバーも、フェリージのバッグも、みんなこのお店と『Begin』で知ったんだよな〜、と暫し感慨に浸ってしまいました。

そんなPt.Alfredの売りは、オリジナルのチノパン。そもそもチノパンと、それに合わせる洋品をテーマに掲げてお店を立ち上げただけあって、その品揃えは優に100モデルを超える充実ぶり。しかも嬉しいのは、いつまでも同じモデルを買えること。〝トラッド〟を掲げるお店やブランドであっても、流行に合わせてシルエットを変えていくのは当たり前ですが、ここは型番が増えることがあっても、絶版になることはない。今の2タックブームが終わっても、買い続けることができるのです!

もともとパンツブランドに努めていた本江さんだけあって、クオリティに関しても、もちろん手抜きなし。各モデルにふさわしい工場を選び、生地や縫製にこだわり抜いたチノパンは、そこらへんのインポートブランドものよりも、ずっと高品質です。しかも驚くのは、そんなチノパンが1万6000円+税で買えること! おそらく90年代からほとんど変わっていないように思えますが、今や3万円台のチノパンも珍しくないこのご時世では、心配になってしまうレベルです。

そんな充実した品揃えや、良心的な価格を可能にしているのが、本江さんの人柄でしょう。売れる見込みがない時期でも常に工場に発注し、仕事を絶やさないように努める誠実な仕事ぶりがあっての、このクオリティ。一朝一夕には真似はできません。ちなみにこのお店のチノパン棚は、ちょっと手の届きにくいところにあるのがミソ。それは「お客さんに合ったものを選んであげたい」という、本江さんのホスピタリティの賜物なのです。

今時の恵比寿……いや日本ではもはや珍しくなった、〝町の洋品店〟像を貫き続ける、Pt.Alfred。皆さんも気軽に遊びに行ってくださいね。

恵比寿の洋品店「Pt.Alfred」の動画をチェック!

 
Pt.Alfred
東京都渋谷区恵比寿西2-4-5 星ビル1階
営業時間/12:00〜20:00
定休日/火曜日、水曜日

Text:Eisuke Yamashita
​Video:Yoshihide Shoshima
Edit:Takashi Ogiyama

こちらの記事もオスス



RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE