FORZA STYLE - 粋なダンナのLuxuaryWebMagazine
CAR Dr.ノリシゲの妄想ドライブ

日本人が知らない、北米の名車。日産の「インフィニティ」、日本で売ってくれ!

説明しよう! 妄想ドライブとはヴェテラン モータージャーナリスト・ノリシゲセイイチが「このクルマにのったら、こんなことをしたい。こんなところに行きたい。この街道でぶっ飛ばしてチャンネーとこんなことがしたい!」と妄想の世界に遊ぶ気絶コラムである!

2021年春。日産の株主総会をYouTube上で見ていました。一通り説明が終わり、株主の質問タイムへ移行。「2期連続配当ゼロなのに幹部クラスはフツウに報酬を得ているのはおかしいじゃないか!」と激おこ。まあ、ごもっともであります。

次に出た質問者がすごかった。「シルフィに乗っているがあれはいいクルマだ。あらたに発売する予定はないのか?」。素晴らしくズレてるな~と思いつつ、こういう人もいるんだなと受け止める。そういえば最近、シルフィ再販のウワサが出ていますが、このカテゴリーのセダンが日産に必要なのでしょうか?

構造改革プラン「日産ネクスト」を旗印にまい進中の日産ですが、2021年業績はどうやら黒字見通しだと漏れ伝わる。いずれにせよひとりの自動車好きとしては、日産の体力が回復してくれなければ伝統ある名車が途絶えてしまうので応援するのみ。

さて、期待のフェレディZの登場が待ち遠しい限りの昨今、ふと思うのが「スカイラインはどうなるのか?」ということ。GT-Rはもうスカイラインじゃないし、400Rはカッコいいとはいえ4枚ドアのセダンです。やっぱり、2ドアクーペが欲しくなりませんか皆さん!

縮小傾向の日本マーケットとはいえ、フェアレディZと双璧をなす日産スポーツはスカイラインしかありません。すでに絶滅した2ドアクーペのスカイラインですが、じつは北米で『インフィニティQ60』として、しっかと生き残っていて、また、中古車市場でも大変な人気を誇っているのです。

最新モデルは400R同様の3LのV6ツインターボを搭載。最新のインフィニティグリルをまとい存在感もバッチリ。「もうこのまま日本で売ってよ!」という感じです。

インフィニティはレクサスに対抗するために、日産が北米マーケット用に新たに作ったプレミアムブランドです。ホンダのアキュラと同じですね。とはいえ、2ドアクーペは販売台数的にさばけないのは事実でしょうから、人気のSUVも導入しちゃいましょう。

日本で売れそうなSUVは2モデル。まず、『QX55』なんていかがでしょうか。このクルマ、もとをただせばスカイラインのクロスオーバーなのですが、当時のゴーン傘下のシロウデザインがアダとなり不発。日本で売れなかった黒歴史があります。

しかし、刷新されたいまのデザインはどうでしょう。見違えるほどカッコよく、後姿も素晴らしい余韻をギャラリーに残すに違いありません。エンジンは286hpの直4ターボ。ハリアーもNXも蹴散らす魅力を備えます。ただし、シート表皮はツルっとしていて、ダイヤモンド加工などひと工夫欲しいところです。

日本で売って欲しいもう1台が『QX60』です。こちらは3列シートを備えたラグジュアリーSUV。エクステリアは迫力満点。ゴージャスな空間も魅力となります。アメリカではアンバサダーに女優のケイト・ハドソンを起用しセレブリティライフを演出。イイ感じなのではないでしょうか。

サイドビューはレンジローバー・スポーツを思わせ、視覚的にクーペSUVな魅力も備えますが、3列シート(7人乗り)を備えるだけに2列目は空間的余裕もたっぷり。全長はなんとか5mを超えずに済んでいるので日本でも使えるとサイズですし、車格もあってランクルに対抗できます。

エンジンは3.5LのV6自然吸気ですが最高出力は295hpとパフォーマンスに不足はありません。ランクルはやはりオフロード向きなので、都市生活者は『QX60』に軍配を上げるのではないでしょうか。

いざインフィニティを日本に導入するとなれば、やはり右ハンドル仕様への変更がネックとなるでしょう。無論、ソロバン勘定が必須となりますが、クルマ好きの立場としては「カッコイイんだから売ってくれ!」というのが偽らざる気持ちです。是非とも『日産ネクスト』に加えて欲しいものですね。

Text:Seiichi Norishige

日産自動車



RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE