FORZA STYLE - 粋なダンナのLuxuaryWebMagazine
FOOD Jaffaの「恋に効くピッツァはお熱いうちに!」

赤ワインのコーラ割り!? 本場ナポリで学ぶ、ピザと相性のいい飲み物とは

ピッツァの本場ナポリにある「真のナポリピッツァ協会」のオフィシャルブロガーで、さまざまな媒体やイベントでナポリピッツァの楽しさを伝えているJaffa(ジャッファ)が、ナポリピッツァやイタリア料理について、知っているとカッコいい情報をお伝えします。世界どこにいっても通用するウンチクやテクニックを身に着ければ人生もっと楽しくなるはずです!

日本ではナポリピッツァも「イタリアン」というジャンルで考えられてしまうことが多いので、「フレンチ」と同じようにお洒落にワインを楽しむものと考える方が多いと思います。その一方で宅配でデリバリーピザを頼む時にはビールやコーラなど好きな飲み物を用意しますよね?

では、本場のナポリではどうなのでしょうか? 日本のように無料の水ではないので、ガス入り(炭酸水)かガスなしのミネラルウォーターを注文します。下町にあるカジュアルなピッツェリアでは、330mℓの瓶ビールやコーラ、ファンタ、スプライトなど、日本ではちょっとレトロなイメージの炭酸飲料と一緒に楽しむことが多く、ワインも高級なものよりは、カジュアルなハウスワインをがぶ飲みするようなパターンが多いです。

ナポリの人気店ダ・ミケーレのメニュー。

一方、ナポリでも多くの観光客も訪れるような人気店や、お洒落な感じの高級感のあるレストランでは、生ビールやクラフトビールも揃え、ワインも料理やピッツァに合わせて選べるように、充実のワインリストを用意している店もあります。

ランブルスコは種類が豊富。ボトルの裏のラベルを見てSecco(辛口)、Semi-Secco(やや辛口)、Amabile(やや甘口)、Dolce(甘口)から好みのものを選ぶと良いでしょう

エミリア・ロマーニャ州とロンバルディア州の微発泡ワイン「Lambrusco (ランブルスコ)」もピッツァに良く合います。リーズナブルなのに美味しく、赤ワインでも炭酸の効果でさっぱり飲めるので、トマトソースを使ったロッソでも、モッツァレラチーズを主役とするビアンカでも合うワインです。お店で「ランブルスコありますか?」と聞けば、価格の心配をしなくても、安くて美味しいワインを飲むことが出来ます。

赤ワインの炭酸水割り「ティント・デ・ベラーノ」

次に、筆者が聞いた現地ナポリスタイルの飲み方についても紹介したいと思います。白ワインに炭酸水を注いだ「スプリッツァー」は日本でも人気ですが、赤ワインに炭酸水を注いだ「ティント・デ・ベラーノ」も飲みやすくて食事に合わせやすいカクテルです。すっきりした飲み口とフルーティな味わいでピッツァと一緒にガブガブ飲めてしまいます。

ナポリでは赤ワインにコーラを入れて飲むのも一般的

現地では、ピッツァ職人が休憩の時に飲んだりすることもあるポピュラーな飲み方なんです。しっかりした味わいのワインに炭酸強めのソーダが美味しいので、イタリアの微発泡ミネラルウォーターで作ると炭酸が弱くてワインの水割りみたいなテイストになってしまうので、レモンなどを搾ってフルーティにすると良いと思います。また、赤ワインにコカコーラを注ぐカクテルは「カリモーチョ」と呼ばれ、スペインで生まれイタリアでも若者に人気の飲み方です。作り方はコーラと赤ワインを1:1に注ぐだけ。レモンやライムをちょっと搾ってもフルーティで美味しくなります。頼んだワインが自分にはちょっと重たいと感じたり、渋いと感じたときにも使えるテクニックです。

ポルチーニ茸のピッツァに日本酒を合わせて

筆者は日本でも海外からの旅行者が増えてくればイタリア料理に合わせた「SAKE(日本酒)」を置くのも良いと思っています。イタリア料理は郷土料理の集合体であり、どこに行ってもその土地のワインと合わせて料理を楽しむのが良いとされています。それならば、日本でも日本の食材を使ったピッツァや料理には、その土地の日本酒を合わせて楽しむのが自然でしょう。

以前、イタリアNo.1のピッツァブロガーで、イタリア料理のフードジャーナリストAntonio Fuchito氏が来日したときに、フ リーアナウンサー・和酒コーディネーターのあおい有紀氏に、伝統的なナポリピッツァとナポリの郷土料理を試食してもらい、全国の日本酒から、それぞれの料理に合うものをペアリングしてもらって、日本酒を楽しむスペシャルディナーをやったことがあります。日本酒も甘口から辛口まで色々なタイプのものがあるから、ちゃんとペアリングをすると、料理の美味しさを更に引き立てる力がある、とイタリアのフードジャーナリストからも高評価をいただきました。

食後に楽しむものとして「エスプレッソ」は忘れてはいけません。日本では食事の後のドリンクに「コーヒー」や「カプチーノ」などを頼まれる方が多いのですが、ボリュームのある食事をした後には少々多すぎます。エスプレッソは珈琲豆に圧力のかかった蒸気を通して一気に抽出するため、コーヒーの旨味成分だけが抽出されて、カフェインなどは溶けにくいため、お腹いっぱいにならないし、カフェイン成分も少ないコーヒーです。美味しいコーヒーの香りと味で口の中を満たすため、料理で使われたニンニクなどの香りを消してくれる効果も期待出来ます。
 
ナポリピッツァを楽しむときに、それに合わせたドリンクを考えて、食事の楽しさを2倍、3倍にしてみましょう。

Text & Photo:Jaffa
Edit:Takashi Ogiyama

Jaffa(ジャッファ)プロフィール

ブログ「旨いナポリピッツァ」主宰で、食べ歩きオールスターズ「食べあるキング」のナポリピッツァ担当として活躍中。これまでに4000枚を越えるナポリピッツァを食べ歩き、知識と経験だけではない交友関係の広さから、TV、ラジオ、雑誌等でナポリピッツァの企画や解説、百貨店催事やグルメイベントのプロデュース、ピッツァ職人コンテストの審査員やステージ解説、レストランのメニュー開発など、ナポリピッツァに関わることを総合的に企画。ナポリにある「真のナポリピッツァ協会ナポリ本部」から、日本人では唯一の公式ブロガーとして認定されています。Instagramでは、ナポリピッツァの画像を中心に情報発信をしています。
公式ブログ Instagram



RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE